ラグビー愛好日記

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

最近のエントリー

カテゴリー

アーカイブ

2019/03

S M T W T F S
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

このブログについて

プロフィール写真【村上晃一】
京都府立鴨沂高校→大阪体育大学。
現役時代のポジションは、CTB/FB。1986年度西日本学生代表として東西対抗に出場。
87年4月ベースボール・マガジン社入社、ラグビーマガジン編集部に勤務。90年6月より97年2月まで同誌編集長。出版局を経て98年6月退社し、フリーランスの編集者、記者として活動。
ラグビーマガジン、ナンバー(文藝春秋)などにラグビーについて寄稿。J SPORTSのラグビー解説も98年より継続中。1999年から2015年の5回のラグビーワールドカップで現地よりコメンテーターを務めた。著書に「ラグビー愛好日記トークライブ集」(ベースボール・マガジン社)3巻、「仲間を信じて」(岩波ジュニア新書)、「空飛ぶウイング」(洋泉社)などがある。

2019年03月23日

サンウルブズ、ライオンズに敗れる

ラグビー愛好日記 by 村上 晃一
  • Line

サンウルブズは、3月23日、シンガポール・ナショナルスタジアムで南アフリカカンファレンスのライオンズと戦い、24-37(前半7-12)で敗れた。

現地時間の午後6時55分、ライオンズボールのキックオフ。立ち上がりはサンウルブズが連続攻撃を仕掛ける。6分、サンウルブズのトライへのパスをライオンズWTBシルヴィアン・マフーザがはたき落としたとしてシンビン(10分間の一時退場)となり、サンウルブズにペナルティートライ(自動的に7点)が与えられた。

サンウルブズは、スクラムで圧力をかけようとするライオンズと互角に渡り合い、ラインアウトからのモールも再三食い止めて健闘したが、13分、モールからトライを奪われ、7-7の同点にされると、35分にもモールから南アフリカ代表HOマルコム・マークスに2つ目のトライを奪われた。マークスには攻め込んだところでターンオーバーも許しており、前半はマークスがサンウルブズの前に仁王立ちしている感があった。

後半開始早々、SOヘイデン・パーカーが40m以上のPGを決めて10-12としたが、12分、ゴール前に攻め込まれモールで圧力を受ける。これを食い止めたと思ったところで、SHニック・グルームに左サイドを突破されてしまう。これで10-17とされると、17分、SOエルトン・ヤンチース、21分、ライオネル・マプーに連続トライを奪われ、10-29と突き放された。サンウルブズもNO8ラーボニ・ウォーレンボスアヤコが2トライを返したが届かなかった。ペナルティー数は、ライオンズの6に対して、サンウルブズは12。この日も規律の問題は解決されなかった。

試合後の記者会見。トニー・ブラウンヘッドコーチは、「ブレイクダウンで圧力を受けた。ここは検証しなくてはいけない」とまずは課題を口にしたが、日本代表選手については「山中、立川は良かった。フロントロー(三上、坂手、具)も悪くないパフォーマンスだった」と評価した。現地の報道陣からはスーパーラグビー離脱のニュースが選手のモチベーションに影響を与えたのではないかという質問もあったが、「それは100%ない。来週のワラターズ戦に向けてプランを実行する。その次の週からも同じです」と答えた。

また、サンウルブズを運営するジャパンエスアールの渡瀬CEOも会見に出席し、シンガポールの記者から質問を受けた。「なぜこの時期の発表なのか、どう思いますか? シンガポールの人々にとって、サンウルブズはヒーローです。アジアのラグビー普及にもマイナスではないですか」と問われた。「私も非常に残念に思っています。アジアにラグビーを広める責任を負っていると思ってきたし、だからこそシンガポールでも試合をしてきました。それができなくなるのは残念です。アジアへの普及については別の方法も検討すべきでしょう。今、何かプランを発表することはできませんが」と神妙な表情で語った。

  • Line