ラグビー愛好日記

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

最近のエントリー

カテゴリー

アーカイブ

2019/03

S M T W T F S
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

このブログについて

プロフィール写真【村上晃一】
京都府立鴨沂高校→大阪体育大学。
現役時代のポジションは、CTB/FB。1986年度西日本学生代表として東西対抗に出場。
87年4月ベースボール・マガジン社入社、ラグビーマガジン編集部に勤務。90年6月より97年2月まで同誌編集長。出版局を経て98年6月退社し、フリーランスの編集者、記者として活動。
ラグビーマガジン、ナンバー(文藝春秋)などにラグビーについて寄稿。J SPORTSのラグビー解説も98年より継続中。1999年から2015年の5回のラグビーワールドカップで現地よりコメンテーターを務めた。著書に「ラグビー愛好日記トークライブ集」(ベースボール・マガジン社)3巻、「仲間を信じて」(岩波ジュニア新書)、「空飛ぶウイング」(洋泉社)などがある。

2019年03月16日

サンウルブズ、残念すぎる敗北

ラグビー愛好日記 by 村上 晃一
  • Line

残念過ぎる敗戦だった。3月16日、秩父宮ラグビー場には、14,764⼈の観衆が集った。メインスタンドから見ると、バックスタンドはほぼ埋まっていた。勝利への期待感の高まりの中で、サンウルブズは前半12分にSHジェイミー・ブースが先制トライをあげる。その後、一本トライを返されたが、23分、NO8ラーボニ・ウォーレンボスアヤコ、37分、FLダン・プライヤーがトライし、21-5とリードして前半を終了した。

しかし、後半流れが変わる。スクラム、ラインアウトからのモールで優位に立つレッズは、19 分、22 分、26分と連続トライをあげて逆転。サンウルブズも交代出場のSH内田啓介のトライとSOヘイデン・パーカーのPGで31-26とリードしたが、自陣を脱しようとする内田のキックをチャージされ同点トライを奪われる。その後の攻防でサンウルブズが反則を犯し、決勝PGを決められて万事休す。31-34という悔やみきれない敗北となった。

レッズのブラッド・ドーンヘッドコーチは「後半、ディフェンスとセットピース(スクラム、ラインアウト)から、(勝利への道筋を)切り拓いてくれました」と選手を称えた。また、サンウルブズがスーパーラグビーから外される可能性についての質問にはこう答えた。「もし、それが本当になるのであれば、失望します。今季のパフォーマンスは素晴らしいし、サンウルブズの存在が日本ラグビーにとって意味あるものだということも分かっています。私は外れるようなことになってほしくないと思っています」。

きょうの試合前、両チームがひとつの円陣になり、ニュージーランド南島クライストチャーチで起きた銃乱射事件の被害者に対する黙祷が捧げられた。また、同国のダニーデンで開催予定だったハイランダーズとクルセイダーズの試合が哀悼の意を表すために中止された。この試合は引き分け扱いになり、両チームに勝ち点「2」が与えられる。

■スーパーラグビー2019第5節、サンウルブズの結果
サンウルブズ●31-34◯レッズ(前半21-5)

  • Line