ラグビー愛好日記

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

最近のエントリー

カテゴリー

アーカイブ

2019/03

S M T W T F S
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

このブログについて

プロフィール写真【村上晃一】
京都府立鴨沂高校→大阪体育大学。
現役時代のポジションは、CTB/FB。1986年度西日本学生代表として東西対抗に出場。
87年4月ベースボール・マガジン社入社、ラグビーマガジン編集部に勤務。90年6月より97年2月まで同誌編集長。出版局を経て98年6月退社し、フリーランスの編集者、記者として活動。
ラグビーマガジン、ナンバー(文藝春秋)などにラグビーについて寄稿。J SPORTSのラグビー解説も98年より継続中。1999年から2015年の5回のラグビーワールドカップで現地よりコメンテーターを務めた。著書に「ラグビー愛好日記トークライブ集」(ベースボール・マガジン社)3巻、「仲間を信じて」(岩波ジュニア新書)、「空飛ぶウイング」(洋泉社)などがある。

2019年03月27日

廣瀬俊朗、リポDトークライブin横浜

ラグビー愛好日記 by 村上 晃一
  • Line

20190326.jpg

326日夜は、横浜のラグビーダイナー「セブンオウス」で、「第17oath'sトークライブ Supported by リポビタンD」で進行役をした。元日本代表キャプテンの廣瀬俊朗さんをゲストに迎え、トークとプレゼント付きクイズなどで大いに盛り上がった。

まずは廣瀬さんの最近の活動から。東芝を退社し、現在は本人曰く「プー太郎」。でも、さまざまなプロジェクトに関わり、ラグビー普及に奔走している。先日もタイでラグビー指導にあたった。また慶應義塾大学のラグビー部のコーチングスタッフにも入って、リーダー陣にアドバイスを送っている。「ラグビーを指導するコーチはたくさんいますが、リーダーを育てる、アドバイスを送ることにフォーカスをするのは自分にできることかな、と思っています」。

超満員の会場には横浜ラグビースクールや鎌倉ラグビースクールなどの関係者も。子供たちもいて、お母さん方が興味津々だったのが、廣瀬さんの勉強方法。大阪の進学校である北野高校から慶應義塾大学理工学部に進んだのだが、「北野高校に行きたいと思ってからは、頑張りました。僕は朝方で朝早く起きて1時間は勉強するようにして、休みの日は10時間を目標にしていました。まあ、8時間で終わることもあるのですが。あっ、Z会に入っていましたね。塾に行き始めたのは、北野高校に本当に行きたいと思ってからです」。

高校では、授業の予習復習を大切にした。「予習をして、分かるところと分からない把握しておく。そして、授業中は分からない部分をしっかり聞いて、分かっているところは聞かずに次に進むんです」。そうして効率よく勉強して、ラグビーの練習時間はラグビーに集中していたわけだ。

そして、クイズコーナーは子供も大人も楽しめるように選手名の逆さ読み。廣瀬さんの読み方が面白くて爆笑に、「やき、り~、だ、つま」、みんな手を上げて、ハイハイハイ!「松田力也!」ってな感じ。「かたしよ がなくと」の出題の時は、みんな徳永はわかったのだが、下の名前が出てこない。すると、手を上げた男の子が「とくなが・いえやす!」。爆笑。家康って、オモロイ。だいたい、とくながじゃなくて、徳川やし!(笑)。

最後は、みんながチャレンジしたことを書いて、それを掲げて、「ファイト! いっぱ~つ!で記念撮影。プレゼントは大正製薬、カンタベリーの提供でラグビージャージーなど豪華版。あっという間の2時間だった。

セブンオウスでは、428日、渡瀬あつ子さん、藤戸恭平さん、そして僕で、歌とお笑いトークを繰り広げます。また、このイベントは、「チャレンジJ9」に賛同して行われます。チャリティーオークションもありますので、ぜひご来場ください。詳しくは、セブンオウスのホームページにて。

https://www.7-oaths.com/

チャレンジJ9

https://www.challengej9.net/

  • Line