ラグビー愛好日記

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

最近のエントリー

カテゴリー

アーカイブ

2019/02

S M T W T F S
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28    

このブログについて

プロフィール写真【村上晃一】
京都府立鴨沂高校→大阪体育大学。
現役時代のポジションは、CTB/FB。1986年度西日本学生代表として東西対抗に出場。
87年4月ベースボール・マガジン社入社、ラグビーマガジン編集部に勤務。90年6月より97年2月まで同誌編集長。出版局を経て98年6月退社し、フリーランスの編集者、記者として活動。
ラグビーマガジン、ナンバー(文藝春秋)などにラグビーについて寄稿。J SPORTSのラグビー解説も98年より継続中。1999年から2015年の5回のラグビーワールドカップで現地よりコメンテーターを務めた。著書に「ラグビー愛好日記トークライブ集」(ベースボール・マガジン社)3巻、「仲間を信じて」(岩波ジュニア新書)、「空飛ぶウイング」(洋泉社)などがある。

2019年02月16日

サンウルブズ、2019年の初戦は完敗

ラグビー愛好日記 by 村上 晃一
  • Line

スーパーラグビー参戦4年目のヒト・コミュニケーションズ サンウルブズ(オーストラリアカンファレンス)は、2月16日、シンガポールナショナルスタジアムでシャークス(南アフリカカンファレンス)と対戦。好スタートが期待されたが、フィジカル面でのシャークスの強みが目立つ内容になった。

サンウルブズを上回る体格、パワーを武器に戦うシャークスに対し、サンウルブズは、素早いパス回しで対抗しようとした。しかし、前半はミスが重なり、スクラム、ラインアウトからトライを奪われる。サンウルブズの唯一のトライは、SOヘイデン・パーカーの防御裏へのショートパントからあげたもの。CTBシェーン・ゲイツが走り込んでキャッチし、独走トライを決めた。スクラム、モールで押し込まれ、前半で10-24と2トライ、2ゴールの差をつけられた。スタッツ(統計数値)でも、ボール保持率がシャークスの68%、地域獲得率も76%と圧倒された。

後半、サンウルブズはSOパーカーが自陣からハイパントを上げてチャンスを作ったが、シャークスの屈強なFWにボールを奪われ、トライはできず終い。逆に7分、シャークスのWTBマカゾレ・マピンピに左コーナーに飛び込まれる。バッキングアップの選手がいるのに、一番外側の選手が内に詰めるディフェンスでトライを奪われるシーンがいくつかあったのは判断ミスだろう。防げるトライに見えた。

後半10分、スクラムで反則を取られた直後、サンウルブズはFW前3人を全員入れ替えた。13分、そのメンバーでの最初のスクラムは、シャークス陣22mライン上のシャークスボール。ここはぴたりと止まったが、次のスクラムではコラプシングの反則を取られる。その後も自陣にくぎ付けになり、スクラム、ラインアウトからのモール・ディフェンスで反則を犯し、20分、LOジェームズ・ムーアがモールを崩したとしてシンビン(10分間の一時退場)。その後も自陣のミス、反則で防戦一方となり、24分、シャークスにモールからトライを奪われ、10-38と差をつけられた。

28分、サンウルブズはようやく相手陣で連続攻撃を仕掛け、交代出場のSH内田啓介がゴールに飛び込んだかに見えたが、映像判定の末、ノートライ。その後も攻めたが、コンタクト局面で圧力を受けて追加点は奪えず、逆にもう1トライを追加されて、10-45という完敗となった。

「スーパーラグビーのデビューはすごく嬉しいけど、負けたのは本当に残念」と、スーパーラグビーデビューとなったトンプソン ルーク。個々の奮闘はあっても、チームとして機能しなかった。ペナルティー数はサンウルブズ16、シャークスが7。自陣での反則も多く、規律の面でも課題の多い船出となった。

■試合結果
サンウルブズ●10-45◯シャークス(前半10-24)

  • Line