ラグビー愛好日記

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

最近のエントリー

カテゴリー

アーカイブ

2014/12

S M T W T F S
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

このブログについて

プロフィール写真【村上晃一】
京都府立鴨沂高校→大阪体育大学。
現役時代のポジションは、CTB/FB。1986年度西日本学生代表として東西対抗に出場。
87年4月ベースボール・マガジン社入社、ラグビーマガジン編集部に勤務。90年6月より97年2月まで同誌編集長。出版局を経て98年6月退社し、フリーランスの編集者、記者として活動。
ラグビーマガジン、ナンバー(文藝春秋)などにラグビーについて寄稿。J SPORTSのラグビー解説も98年より継続中。1999年から2015年の5回のラグビーワールドカップで現地よりコメンテーターを務めた。著書に「ラグビー愛好日記トークライブ集」(ベースボール・マガジン社)3巻、「仲間を信じて」(岩波ジュニア新書)、「空飛ぶウイング」(洋泉社)などがある。

試合レポート 2014年12月21日

TLセカンドステージ第4節結果

ラグビー愛好日記 by 村上 晃一
  • Line

12月21日は、ノエビアスタジアム神戸に行っていた。JSPORTSで神戸製鋼コベルコスティーラーズ対ヤマハ発動機ジュビロの解説をするためだった。この日は、ウルトラファミリーとのコラボで、ウルトラマン、怪獣ゴモラらもやってきた。選手紹介も科学特捜隊の写真の顔だけ選手に差し替えるもので、「隊長・キヨミヤカツユキ」は、あまりにハマっていて笑った。実況の大前さんが、やたらとウルトラマンに詳しかったのも可笑しかった。僕は「地球防衛軍」と思っていたのに、「いや、ウルトラマンは科学特捜隊なんです。ゴモラは万博公園で誰かが目覚めさせてしまった。番組にも2回にわたって登場する、なかなか強い怪獣です」などなど、感心させられた。

さて、試合の方は、そんなほのぼのした雰囲気と違って緊張感あるものになった。互いに意識するスクラムは、駆け引きで何度も組み直しになっていたが、それは勝敗を決定づけるようなものではなかった気がする。内容的には終始、神戸製鋼のディフェンスが素早く前に出てプレッシャーをかけ、エリアマネージメントでも常に相手陣で戦うことに成功していた。

ヤマハ発動機は常に圧力を受けながらの攻撃になって、持ち味のラインブレイク能力を生かせず、相手陣のいい位置でのラインアウトも獲得できなかった。前半は18-3で神戸製鋼リード。後半開始早々には、SO山中亮平がラックのこぼれ球を素早く拾って約70mを独走して23-3と突き放した。この加点は試合の流れの中で大きかった気がする。神戸製鋼はインサイドCTBに山本大介が入り、FB正面健司も含めてSO経験者が入れ替わりながらファーストレシーバーになり、山中が突破役になることも多かった。ボールの保持時間、エリアともに圧倒する快勝だった。

記者会見では、ヤマハ発動機の清宮監督が「久しぶりに、スッキリ負けました」と話し始めた。「一週間前の神戸とはまったく違うチーム。神戸が素晴らしすぎました。これほど、ディフェンスでゲインをとられたのは初めてです。ヤマハは力を出しきれなかったのですが、神戸が一週間で変われるのだから、ヤマハも変われると選手に話しました」

ディフェンスのゲインとは、神戸製鋼のディフェンスラインの上りが素早く、ヤマハは押し込まれた接点になっていたということだ。しかも、それを神戸製鋼は80分間続けた。「先週の悔しさがその要因」と神戸製鋼の橋本キャプテンは言っていたが、練習で地道にハードワークしてきたからこそのパフォーマンスだろう。ギャリー・ゴールドヘッドコーチは「強いヤマハに勝てたことは嬉しい。きょうはフィジカル面でチャレンジしなければいけなかった。ヤマハの強さを出させないインテリジェンスある勝利です」と試合を評価していた。

他会場の結果は以下の通り。来週からも、トップリーグは何が起こるか分からない。

■TLセカンドステージ第4節結果
◎12月20日
東京・秩父宮ラグビー場
リコーブラックラムズ●26-27○NTTドコモレッドハリケーンズ(前半14-10)
NTTコミュニケーションズシャイニングアークス●14-45○パナソニック ワイルドナイツ(前半7-28)
◎12月21日
愛知・名古屋市瑞穂公園ラグビー場
豊田自動織機シャトルズ○46-14●宗像サニックスブルース(前半24-0)
トヨタ自動車ヴェルブリッツ●29-44○東芝ブレイブルーパス(前半19-13)
宮崎・KIRISHIMAハイビスカス陸上競技場
コカ・コーラレッドスパークス○31-24●近鉄ライナーズ(前半31-0)
山梨・山梨中銀スタジアム(旧:小瀬スポーツ公園陸上競技場)
サントリーサンゴリアス○47-28●キヤノンイーグルス(前半19-7)
千葉・フクダ電子アリーナ
クボタスピアーズ●20-22○NECグリーンロケッツ(前半8-10)
兵庫・ノエビアスタジアム神戸
神戸製鋼コベルコスティーラーズ○40-10●ヤマハ発動機ジュビロ(前半18-3)

  • Line