ラグビー愛好日記

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

最近のエントリー

カテゴリー

アーカイブ

2014/12

S M T W T F S
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

このブログについて

プロフィール写真【村上晃一】
京都府立鴨沂高校→大阪体育大学。
現役時代のポジションは、CTB/FB。1986年度西日本学生代表として東西対抗に出場。
87年4月ベースボール・マガジン社入社、ラグビーマガジン編集部に勤務。90年6月より97年2月まで同誌編集長。出版局を経て98年6月退社し、フリーランスの編集者、記者として活動。
ラグビーマガジン、ナンバー(文藝春秋)などにラグビーについて寄稿。J SPORTSのラグビー解説も98年より継続中。1999年から2015年の5回のラグビーワールドカップで現地よりコメンテーターを務めた。著書に「ラグビー愛好日記トークライブ集」(ベースボール・マガジン社)3巻、「仲間を信じて」(岩波ジュニア新書)、「空飛ぶウイング」(洋泉社)などがある。

日記 2014年12月13日

TLセカンドステージ第3節土曜の結果

ラグビー愛好日記 by 村上 晃一
  • Line

12月13日(土曜)は、東大阪市の近鉄花園ラグビー場だった。鶴橋駅から東花園駅に向かおうとして、何も考えずに快速急行に乗る大失態。折り返す生駒駅のホームは寒かった。ちょっとへこみつつ、会場入り。

試合の様子はラグビーマガジンにも書くので、簡単に触れたいが、第1試合ではクボタがCTBアイザイア・トエアバのスピードあるランニング、立川理道の得意のフラットパスなどで宗像サニックスの防御を崩して快勝した。サニックスはロビンスの怪我など負傷者が多く苦しい状況だ。クボタは3連勝で勢いに乗るか。

第2試合は、連勝スタートのNTTドコモが試合を支配しているかに見えたが、近鉄は後半に怒涛の反撃を開始。高忠伸、金哲元、ラディケ・サモといった経験豊富な選手を次々に投入して流れを変え、14点差をひっくり返す劇的勝利をあげた。マン・オブ・ザ・マッチは、後半16分に投入され、目覚ましい活躍を見せた高忠伸が受賞した。

この日は、トンプソン・ルークのトップリーグ100試合出場達成のメモリアルマッチ。前日のミーティングで、「記念する試合に勝ちたい」と話したトンプソンの気持ちに一丸となって応えた勝利だった。

他会場の結果は以下の通り。伊藤鐘史(神戸製鋼コベルコスティーラーズ)も、リーグ戦100試合出場を達成している。

■トップリーグ・セカンドステージ第3節・土曜の結果
東京・秩父宮ラグビー場
サントリーサンゴリアス○32-16●東芝ブレイブルーパス(前半12-9)
パナソニック ワイルドナイツ○29-27●神戸製鋼コベルコスティーラーズ(前半3-27)
大阪・近鉄花園ラグビー場
クボタスピアーズ○36-11●宗像サニックスブルース(前半10-11)
近鉄ライナーズ○30-27●NTTドコモレッドハリケーンズ(前半8-14)
静岡・ヤマハスタジアム(磐田)
ヤマハ発動機ジュビロ○26-9●NTTコミュニケーションズシャイニングアークス(前半13-6)
神奈川・相模原ギオンスタジアム
NECグリーンロケッツ○32-28●コカ・コーラレッドスパークス(前半15-7)

  • Line