ラグビー愛好日記

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

最近のエントリー

カテゴリー

アーカイブ

2014/12

S M T W T F S
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

このブログについて

プロフィール写真【村上晃一】
京都府立鴨沂高校→大阪体育大学。
現役時代のポジションは、CTB/FB。1986年度西日本学生代表として東西対抗に出場。
87年4月ベースボール・マガジン社入社、ラグビーマガジン編集部に勤務。90年6月より97年2月まで同誌編集長。出版局を経て98年6月退社し、フリーランスの編集者、記者として活動。
ラグビーマガジン、ナンバー(文藝春秋)などにラグビーについて寄稿。J SPORTSのラグビー解説も98年より継続中。1999年から2015年の5回のラグビーワールドカップで現地よりコメンテーターを務めた。著書に「ラグビー愛好日記トークライブ集」(ベースボール・マガジン社)3巻、「仲間を信じて」(岩波ジュニア新書)、「空飛ぶウイング」(洋泉社)などがある。

日記 2014年12月19日

垣永選手に会う

ラグビー愛好日記 by 村上 晃一
  • Line

20141219

19日は、サントリーサンゴリアスのクラブハウスに行っていた。日本代表のPR垣永真之介選手のインタビューのためだ。最初にプロフィールを確認しながら、気づかなかったのだが、垣永選手、きょうが誕生日だった。23歳。1991年、第2回ラグビーワールドカップの開催年である。あの大会で、日本代表はジンバブエから勝利をあげ、それがW杯唯一の白星になった。垣永選手には、ぜひとも来年のW杯に出場し、歴史的勝利をあげてほしい。

垣永選手は小学校に入る前に鎌倉ラグビースクールでラグビーを始めている。太り過ぎていたので、幼稚園の先生にスポーツを薦められ、それがラグビーだったという。たまたまその先生がラグビー好きだったのだろうけど、それが人生を決定づけたのだから面白い。

小学校からはお父さんの転勤で生まれ故郷の福岡に戻り、名門の草ヶ江ヤングラガーズに中学3年生まで所属した。でも、途中でソフトボールも始め、それがけっこうイケていたらしい。「野球部に入っていたら、今頃、巨人にいたかもしれませんよ」。ただし、周囲は誰も野球への転向を許してくれなかったそうだ。

ところで、ソフトバンクのファンだったのでは? 「巨人も好きだったんです。でも、ソフトバンクの試合は週に2回くらい見に行っていて大好きでした。城島選手に憧れていました」

ラグビーの話ももちろんしたのだが、今はスクラム強化に夢中のようだ。グルジア戦が衝撃的だったらしい。「こんなに強い人がいるんだと思いましたね。トラックに押されているみたいでした。筋肉の盛り上がりがすごくて、隙間がないくらいで」。この刺激を今受けたことが貴重なのだろう。PRは息の長いポジションである。まだまだ筋肉もつくし、技術的なことも進歩できる。垣永選手の将来が楽しみになるインタビューだった。

その他、詳細は誌面にて(※このインタビューは、1月下旬発行のJRFUメンバーズクラブ会報誌に掲載されるもの)。

  • Line