ラグビー愛好日記

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

最近のエントリー

カテゴリー

アーカイブ

2014/11

S M T W T F S
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

このブログについて

プロフィール写真【村上晃一】
京都府立鴨沂高校→大阪体育大学。
現役時代のポジションは、CTB/FB。1986年度西日本学生代表として東西対抗に出場。
87年4月ベースボール・マガジン社入社、ラグビーマガジン編集部に勤務。90年6月より97年2月まで同誌編集長。出版局を経て98年6月退社し、フリーランスの編集者、記者として活動。
ラグビーマガジン、ナンバー(文藝春秋)などにラグビーについて寄稿。J SPORTSのラグビー解説も98年より継続中。1999年から2015年の5回のラグビーワールドカップで現地よりコメンテーターを務めた。著書に「ラグビー愛好日記トークライブ集」(ベースボール・マガジン社)3巻、「仲間を信じて」(岩波ジュニア新書)、「空飛ぶウイング」(洋泉社)などがある。

試合レポート 2014年11月29日

TLセカンドステージ第1節の結果

ラグビー愛好日記 by 村上 晃一
  • Line

201411291

11月29日は、近鉄花園ラグビー場だった。朝、小雨は降っていたけど、第1グラウンドの芝生は上々のコンディション。第2グラウンドはシートをかぶせて養生中。12月27日から開幕する全国高校大会では、鮮やかな緑を披露してくれるだろう。

花園の第1試合は、近鉄ライナーズ対NECグリーンロケッツ。序盤は近鉄が攻勢に出たが、前半のなかばからはNECペースに。近鉄も粘ってディフェンスしていたが、後半11分、NECはモールからニリ・ラトゥがトライ。5-3と逆転する。その後もスコアの動かない展開が続いたが、最終的には近鉄がSO重光泰昌の逆転PG(9-8)、FBアンドレ・テイラーの50mPGで12-8と競り勝った。

第2試合は、ファーストステージ無敗の神戸製鋼コベルコスティーラーズと、東芝ブレイブルーパスが対戦。注目されたのは、11月の日本代表戦に出場した選手達をほぼすべて先発させた東芝と、控えからのスタートにした神戸製鋼でいかなる違いが出るかだった。東芝の冨岡鉄平ヘッドコーチは言った。「マイケル(リーチ)くらい、出ずっぱりだったら先発させなかったかもしれませんけど、すべて出ていない選手も多かったので」。

勝敗を分けたのは序盤のスクラムだった。東芝は、三上、湯原、浅原のFW第一列を軸にスクラムで圧力をかけた。平島は負傷欠場、日本代表から戻ったばかりのHO木津、PR山下、LO伊藤を控えに回した神戸製鋼はここで苦戦し、前半24分には、スクラムを崩したとしてペナルティートライを奪われる。その後、次々に日本代表選手を投入して、後半25分には、FL前川のトライで20-16と逆転し、流れを引き寄せたかに見えたが、東芝FWの波状攻撃に受け回ってしまう。東芝は29分、SO廣瀬のインゴールへのキックパスをCTB仙波がキャッチしてトライし、34分には自陣から縦に縦にボールをつないで、FLスティーブン・ベイツがトライして突き放した。「後の試合のことは考えず、この試合に勝つために1か月を過ごしてきた。その成果です」(東芝・大島脩平ゲームキャプテン)。

東芝の冨岡HCは、「ジャパンの選手は良くやってくれました。CTBでフランソワ・ステインを起用したのは、神戸製鋼がキックをよく使うので、それに対抗するため」と話し、前半はステインをFBに入れるなどしてキックで地域を進められたと説明。敗れた神戸製鋼のギャリー・ゴールドHCは、「前半は東芝に追い風が吹いていたのに、後半に風が止むなど、すべてがアゲインストの試合だった」と無念の表情。しかし、「きょうは、神戸製鋼より良いチームが勝ったということです」と東芝を称えた。

他会場の試合も含めて、金曜、土曜の結果は以下の通り。しかし、この1試合ではなんとも言えない。ファーストステージの開幕戦では、東芝がパナソニックを破ったが、パナソニックはそこから立て直した。東芝の冨岡HCも、「ファーストステージは開幕戦で勝ったあと勢いに乗れなかったので、そうならないように一戦一戦成長していきたい」と話していた。

■トップリーグ・セカンドステージ第1節・金曜、土曜の結果
11月28日
東京・秩父宮ラグビー場
NTTコミュニケーションズシャイニングアークス●11-35○キヤノンイーグルス(前半8-16)
11月29日
東京・秩父宮ラグビー場
クボタスピアーズ○18-8●コカ・コーラレッドスパークス(前半0-3)
サントリーサンゴリアス○16-12●ヤマハ発動機ジュビロ(前半13-9)
愛知・名古屋市瑞穂公園ラグビー場
豊田自動織機シャトルズ●17-38○NTTドコモレッドハリケーンズ(前半3-17)
トヨタ自動車ヴェルブリッツ●10-30○パナソニック ワイルドナイツ(前半3-19)
大阪・近鉄花園ラグビー場
近鉄ライナーズ○12-8● NECグリーンロケッツ(前半3-0)
神戸製鋼コベルコスティーラーズ●20-30○東芝ブレイブルーパス(前半5-13)

◎30日に追記
11月30日
福岡・グローバルスタジアム
宗像サニックスブルース●16-21○リコーブラックラムズ(前半6-11)

  • Line