ラグビー愛好日記

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

最近のエントリー

カテゴリー

アーカイブ

2014/11

S M T W T F S
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

このブログについて

プロフィール写真【村上晃一】
京都府立鴨沂高校→大阪体育大学。
現役時代のポジションは、CTB/FB。1986年度西日本学生代表として東西対抗に出場。
87年4月ベースボール・マガジン社入社、ラグビーマガジン編集部に勤務。90年6月より97年2月まで同誌編集長。出版局を経て98年6月退社し、フリーランスの編集者、記者として活動。
ラグビーマガジン、ナンバー(文藝春秋)などにラグビーについて寄稿。J SPORTSのラグビー解説も98年より継続中。1999年から2015年の5回のラグビーワールドカップで現地よりコメンテーターを務めた。著書に「ラグビー愛好日記トークライブ集」(ベースボール・マガジン社)3巻、「仲間を信じて」(岩波ジュニア新書)、「空飛ぶウイング」(洋泉社)などがある。

日記 2014年11月22日

東海大対大東大戦結果

ラグビー愛好日記 by 村上 晃一
  • Line

11月22日は、秩父宮ラグビー場で行われた関東大学リーグ戦「東海大学対大東文化大学」戦を観戦した。好天に恵まれ、互いにアグレッシブに攻撃を仕掛けたが、最後に競り勝ったのは東海大だった。

前半の立ち上がりは東海大が連続攻撃を仕掛けたが、これを大東大が粘り強く止め、6分、WTBホセア・サウマキがタックルを弾きながらオフロードパスし、最後はWTB戸室が右コーナーに力強く飛び込んで先制。9分に東海大がPGを返したが、13分、WTB戸室が再びトライ。直後のキックオフで東海大がノット10mの反則を犯すと、大東大はハーフウェイライン中央のスクラムからNO8テビタ・ツポウがサイドアタックで前に出て、最後はWTBサウマキがトライして、17-3とする。東海大も、モールからトライを返し、SO野口大輔がPGを加えて、17-11。

後半も大東大がサウマキのトライで先にスコアしたが、東海大もようやく横の攻めだけでなく縦を入れてボールを動かし始め、13分、CTB井波健太郎がトライし、24-18に迫る。ここからは拮抗した展開になったが、31-16と大東大が5点リードで迎えた35分、東海大が大東ゴールまで10mほどの地点でスクラムを得て、組み直しから二度のフリーキック、ペナルティなどあってゴールに近づき、最後はスクラムトライを奪い、ゴールも決まって33-31と逆転した。

勝った東海大のCTB林大成キャプテンは、「大東大の強いランナーを組織的なディフェンスで止める準備をしてきました。しかし、前半はディフェンスのディシプリンが上手くいきませんでした。後半は、レシーバー(ボールを受ける選手)にプレッシャーをかけるようにして、良くなりました」と、試合中に修正できたことが勝利につながったとコメントした。

敗れた大東文化大のFL篠原祥太キャプテンは、「いらないペナルティが多かった」と反省したものの、「自分達には力があると思えた」と大学選手権に向けて手ごたえをつかめたとも話していた。

この結果、東海大は6勝1敗で勝ち点25となり、11月30日の流通経済大対中央大の結果で、1位か2位が決まることになる。

■関東大学リーグ戦結果
11月22日、秩父宮ラグビー場
東海大学○33-31●大東文化大学(前半11-17)

  • Line