ラグビー愛好日記

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

最近のエントリー

カテゴリー

アーカイブ

2014/11

S M T W T F S
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

このブログについて

プロフィール写真【村上晃一】
京都府立鴨沂高校→大阪体育大学。
現役時代のポジションは、CTB/FB。1986年度西日本学生代表として東西対抗に出場。
87年4月ベースボール・マガジン社入社、ラグビーマガジン編集部に勤務。90年6月より97年2月まで同誌編集長。出版局を経て98年6月退社し、フリーランスの編集者、記者として活動。
ラグビーマガジン、ナンバー(文藝春秋)などにラグビーについて寄稿。J SPORTSのラグビー解説も98年より継続中。1999年から2015年の5回のラグビーワールドカップで現地よりコメンテーターを務めた。著書に「ラグビー愛好日記トークライブ集」(ベースボール・マガジン社)3巻、「仲間を信じて」(岩波ジュニア新書)、「空飛ぶウイング」(洋泉社)などがある。

日記 2014年11月21日

日本チーム、スーパーラグビー参戦決定

ラグビー愛好日記 by 村上 晃一
  • Line

2016年より「スーパーラグビー」は現行の「15」から「18チーム」に拡大されるが、11月20日、日本ラグビーフットボール協会は「スーパーラグビー」を主催するSANZAR (South African, New Zealand and Australian Rugby)と、2016年シーズン以降のスーパーラグビーへの日本チームの参加について最終的に合意した。

これにより、2016年から2020年のシーズンに日本チームが正式に参戦することになる。南アフリカの新チームに加え、アルゼンチンのチームも新規参戦。スーパーラグビー(SUPER RUGBY)は、世界最高峰のプロリーグで、オーストラリア、ニュージーランド、南アフリカのラグビー協会が地域ごとに編成するプロクラブ15チームによる国際リーグ戦。現行では3カンファレンスに分かれ、レギュラーシーズンは各チーム16試合行い、その上位6チームによるトーナメントでシーズンチャンピオンを決定している。

日本チームの詳細は明らかではないか、スーパーラグビー参戦の目的が日本代表強化にあり、代表資格のある選手を軸にした編成になる見込み。日程は現行の日本のシーズンに重なるところも出てくるので国内スケジュールの見直しも必要になる。

■日本代表 エディー・ジョーンズ ヘッドコーチ コメント
「スーパーラグビーへの新規参加について、SANZARから日本ラグビーへの厚い信任を得た証だと実感すると同時に、サポートしてくれたオーストラリア、ニュージーランド、南アフリカの各協会に感謝します。日本ラグビーにとっては、スーパーラグビーへの参戦は夢の実現です。小さい子供たちにとって、日本にいながら常に世界最高峰のラグビーリーグに憧れを抱けるようになるのです。日本代表の強化においては、世界最高の選手たちを相手に常に高いレベルでの試合を行うことができます。我々日本代表はこれからも努力し続けて行きます」

■スーパーラグビー 2016年シーズン 大会方式
18チームが2グループ・4カンファレンスに分かれてのレギュラーシーズン、および、レギュラーシーズン上位8チームによるファイナルシリーズが行われる。

▽南アフリカグループ
アフリカ・カンファレンス1 (4チーム)
【南アフリカチーム3、アルゼンチンチーム1】
アフリカ・カンファレンス2 (4チーム)
【南アフリカチーム3、日本チーム1】

▽オーストラレーシアングループ
オーストラリア・カンファレンス(5チーム)
ニュージーランド・カンファレンス(5チーム)

レギュラーシーズン=各チーム、同一カンファレンスのチームと6試合行い、カンファレンスの異なる南アフリカグループのチームと4試合、オーストラレーシアングループのチームと5試合、計15試合を行う。(ホーム8試合、アウェイ7試合。もしくは、ホーム7試合、アウェイ8試合)。※日本チームは東京・秩父宮ラグビー場を主な拠点とし、その他にホームとして行う3試合をシンガポールの「シンガポール・スポーツ・ハブ」で行う。

  • Line