ラグビー愛好日記

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

最近のエントリー

カテゴリー

アーカイブ

2014/11

S M T W T F S
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

このブログについて

プロフィール写真【村上晃一】
京都府立鴨沂高校→大阪体育大学。
現役時代のポジションは、CTB/FB。1986年度西日本学生代表として東西対抗に出場。
87年4月ベースボール・マガジン社入社、ラグビーマガジン編集部に勤務。90年6月より97年2月まで同誌編集長。出版局を経て98年6月退社し、フリーランスの編集者、記者として活動。
ラグビーマガジン、ナンバー(文藝春秋)などにラグビーについて寄稿。J SPORTSのラグビー解説も98年より継続中。1999年から2015年の5回のラグビーワールドカップで現地よりコメンテーターを務めた。著書に「ラグビー愛好日記トークライブ集」(ベースボール・マガジン社)3巻、「仲間を信じて」(岩波ジュニア新書)、「空飛ぶウイング」(洋泉社)などがある。

試合レポート 2014年11月30日

関西大学Aリーグ第7節結果

ラグビー愛好日記 by 村上 晃一
  • Line

11月30日は京都の宝が池球技場だった。関西大学Aリーグの2試合をJSPORTSで解説した。快晴で日差しが強く、上着は不要なほどだった。第1試合は、6、7位決定戦となった摂南大学と近畿大学の戦いで僅差勝負が予想されていたのだが、キックオフ後、10分で摂南大学が4トライを畳み掛ける驚きの立ち上がりだった。近畿大学も追い上げたのだが、最終的には、この日のマン・オブ・ザ・マッチを受賞した1年生WTB藤井雄大と逆転トライで、摂南大学競り勝った。

第2試合は、全勝の関西学院大学と、5勝1敗で2位の京都産業大学の戦い。関西大学リーグは、勝敗数で順位を決め、同じ勝敗数で2チームが並んだ場合は、当該対戦の勝者が上位となる。というわけで、京産大も勝てば優勝というまさにファイナルマッチだった。

試合内容は、ラグビーリパブリックに書くのでここでは簡単にしておきたいのだが、前半は僅差勝負に持ち込もうと、エリア重視で戦った京産大ペース。しかし、それでも多彩な攻撃力を持つ関西学大が、12-6とリードで折り返した。終盤は関西学大が何度もラインブレイクして京産大陣に入り、次第に差を広げた。「関西学大、いいチームですよ。スクラムも強かった」(京産大、元木由記雄ヘッドコーチ)。それでも粘って接戦に持ち込むところが今季の京産大の充実も垣間見えた。クリス・ミルステッドコーチの「関西学大の選手はみんなスキルがあるね。うちは、ガスタンクがもう空っぽかと思ったけど、頑張ったよ」という言葉が印象に残った。

関西学院大学は、2009年以来の優勝。大学の125周年に花を添えた。この日の結果、関西大学リーグは、関西学大1位、京産大2位、摂南大6位、近畿大7位、大阪体育大8位が確定。天理大は4勝3敗でリーグを終えたため、12月6日の立命館大対同志社大の最終戦の結果で、この3チームの3位〜5位の順位が確定することになった。5位までが全国大学選手権のセカンドステージに出場する。その大学選手権のファーストステージでは、朝日大学が福岡工業大学を下して、セカンドステージ進出を決めている。


■関西大学Aリーグ第7節の結果
摂南大学○43-40●近畿大学(前半38-21)
関西学院大学○33-13●京都産業大学(前半12-6)
天理大学○59-7●大阪体育大学(前半40-0)

■第51回全国大学選手権ファーストステージ最終節結果
福岡・グローバルスタジアム
福岡工業大学●7-31○朝日大学(前半7-12)

  • Line