ラグビー愛好日記

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

最近のエントリー

カテゴリー

アーカイブ

2014/11

S M T W T F S
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

このブログについて

プロフィール写真【村上晃一】
京都府立鴨沂高校→大阪体育大学。
現役時代のポジションは、CTB/FB。1986年度西日本学生代表として東西対抗に出場。
87年4月ベースボール・マガジン社入社、ラグビーマガジン編集部に勤務。90年6月より97年2月まで同誌編集長。出版局を経て98年6月退社し、フリーランスの編集者、記者として活動。
ラグビーマガジン、ナンバー(文藝春秋)などにラグビーについて寄稿。J SPORTSのラグビー解説も98年より継続中。1999年から2015年の5回のラグビーワールドカップで現地よりコメンテーターを務めた。著書に「ラグビー愛好日記トークライブ集」(ベースボール・マガジン社)3巻、「仲間を信じて」(岩波ジュニア新書)、「空飛ぶウイング」(洋泉社)などがある。

日記 2014年11月15日

関西大学Aリーグ11月15日の結果

ラグビー愛好日記 by 村上 晃一
  • Line

201411151

15日は、東大阪市の近鉄花園ラグビー場だった。快晴、緑鮮やかな芝生の上で熱戦が繰り広げられた。

第1試合は、4戦全勝同士の対決になったが、京都産業大学の集中力が高く、立ち上がりこそ同志社大学に2トライを奪われたものの、次第に対応。SH梁のハイパント、FWの小刻みな前進などで主導権を握り、終盤、同大の猛反撃を受けつつ粘り切った。「入替戦を覚悟したチームが、一つひとつトーナメントのように戦っているうちに力を蓄えられました。春からFWはスクラムで押され、BKはディフェンスもズタズタ。夏までそんな調子だったのですが、地道な努力を続けてきたことが出てきましたね」。大西健監督は、コーチ陣、選手達の頑張りに目を細めた。この試合はラグビーマガジンにマッチレポートを書くので、試合の詳細と感じたことはそちらにて。

第2試合は、昨年の覇者・立命館大学と4戦全勝の関西学院大学の対戦。前半14分に立命大がPGで先制したが、直後に関西学大がFWの波状攻撃でゴールラインに迫り、最後は、  がトライ。逆転すると、左右に分かれた攻撃陣にSH徳田、SO清水がパスを振り分け、突破力ある選手達が思いきりよく走り込んで防御を崩した。後半20分のトライで33-3とし、ほぼ勝敗は決した。関西学大の野中監督は、けっして満足そうではなかった。「試合の入りも良くなかったですし、トライを獲れそうなところで獲りきれていない。毎試合が決勝戦のつもりでやっています」と5連勝にも気を引き締めていた。


■関西大学Aリーグ第5節(11月15日)結果
京都産業大学○29-27●同志社大学(前半15-13)
関西学院大学○33-10●立命館大学(前半21-3)

  • Line