ラグビー愛好日記

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

最近のエントリー

カテゴリー

アーカイブ

2014/10

S M T W T F S
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

このブログについて

プロフィール写真【村上晃一】
1965年京都市生まれ。京都府立鴨沂高校→大阪体育大学。
ラグビーの現役時代のポジションは、CTB(センター)、FB(フルバック)。1986年度西日本学生代表として東西対抗に出場。
87年4月ベースボール・マガジン社入社、ラグビーマガジン編集部に勤務。90年6月より97年2月まで同誌編集長。出版局を経て98年6月退社し、フリーランスの編集者、記者、ラグビージャーナストとして活動。
J SPORTSのラグビー解説も98年より継続中。1999年から2019年の6回のラグビーワールドカップでコメンテーターを務めた。著書に「仲間を信じて」(岩波ジュニア新書)、「空飛ぶウイング」(洋泉社)、「ハルのゆく道」(道友社)、「ラグビーが教えてくれること」(あかね書房)などがある。

日記 2014年10月27日

日本代表、マオリ代表メンバー変更&京都トークライブ告知

ラグビー愛好日記 by 村上 晃一
  • Line

宮崎市で合宿中の日本代表から、有田隆平選手(コカ・コーラレッドスパークス)が負傷により、途中離脱。代わって、合宿参加選手として帯同していた長江有祐選手(豊田自動織機シャトルズ)が、リポビタンD ツアー2014 まで日本代表として参加することになった。

また、マオリ・オールブラックスの来日予定メンバーから、LOジョセフ・ウィーラー  、FL/NO8シェーン・クリスティー、FL/NO8リーアム・スクワイア(いずれもタスマン州代表)が負傷のためメンバーから外れた。タスマンは、10月25日、ニュージーランド国内州代表選手権「ITMカップ」の決勝でタラナキと対戦し、32-36で敗れた。

優勝したタラナキでは、マオリ・オールブラックスのキャプテンであるCTBチャーリー・ナタイが活躍している。

マオリ・オールブラックスの追加招集選手は以下の通り。ホンダでプレー経験のあるLO    ヘイデン・トリッグス(ノースハーバー)他、FL/NO8ニック・クロスウェル(マナワツ)、FL/NO8ミッチェル・クロスウェル(タラナキ)。

お知らせ◎12月4日(木)、京都の清華園でトークライブやります!

【清華園トークライブ第一弾開催】

京都駅にほど近い中華料理店「清華園」の店主・清水さんは、伝説の教師・山口良治さんが伏見工業高校ラグビー部監督に就任した当初のラグビー部員。この夏にはラグビーパブのように店内をリニューアル。貴重なジャージーが展示され、連日、ラグビー関係者、ファンの皆さんが訪れています。9月にオープニングイベントを開催しましたが、トークライブの第一弾の開催が決まりました。

ゲストは細川隆弘さん。伏見工業、同志社大学、神戸製鋼と、関西ラグビー界のエリート街道を突き進み、CTB、FBとして活躍。独特のステップワークでディフェンスを破り、神戸製鋼V3の逆転勝利では決勝ゴールを決めるなど、優れたプレースキッカーとしても名を馳せました。神戸製鋼ではキャプテンも務め、1991年のワールドカップにも出場。いまどうしているの?と気になる元日本代表選手の一人でしょう。今回は細川さんが駆け抜けた1980年代から90年代初期のラグビーを大いに語り合いたいと思います。


日時:12月4日(木)、午後7時開演(6時40分受付開始)
場所:清華園(※京都市下京区川端町11 京阪電車七条駅から徒歩約4分、JR京都駅から徒歩約8分)
ゲスト:細川隆弘(元日本代表FB、伏見工業高校→同志社大学→神戸製鋼)
進行:村上晃一
会費:4,000円(食事付き、ビール・焼酎飲み放題)

▼お申し込みは、メールにて、[email protected]まで。お名前、メールアドレス、電話番号、申込人数をお知らせください。※お申込人数が複数の場合は同伴の方の氏名も全てご記入願います。先着順に受け付けさせて頂き、担当者からメールで連絡させて頂きます。トークライブの定員30名。会費は当日受付でお支払いください。申し込み受付中。

  • Line