ラグビー愛好日記

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

最近のエントリー

カテゴリー

アーカイブ

2014/08

S M T W T F S
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

このブログについて

プロフィール写真【村上晃一】
1965年京都市生まれ。京都府立鴨沂高校→大阪体育大学。
ラグビーの現役時代のポジションは、CTB(センター)、FB(フルバック)。1986年度西日本学生代表として東西対抗に出場。
87年4月ベースボール・マガジン社入社、ラグビーマガジン編集部に勤務。90年6月より97年2月まで同誌編集長。出版局を経て98年6月退社し、フリーランスの編集者、記者、ラグビージャーナストとして活動。
J SPORTSのラグビー解説も98年より継続中。1999年から2019年の6回のラグビーワールドカップでコメンテーターを務めた。著書に「仲間を信じて」(岩波ジュニア新書)、「空飛ぶウイング」(洋泉社)、「ハルのゆく道」(道友社)、「ラグビーが教えてくれること」(あかね書房)などがある。

日記 2014年08月26日

セブンズ日本代表・新ジャージー

ラグビー愛好日記 by 村上 晃一
  • Line

26日の午後、男女セブンズ日本代表の新ジャージー発表記者会見が行われた。会見には新たに日本代表の協賛社となった中から、日本航空の大西賢会長、SECOMの伊藤博社長も出席し、大西会長が短パンの左後ろにJALのロゴが入ったことにひっかけて「代表を後押ししたい」と話せば、伊藤社長は「セコムの本業は守るということ。ラグビーのゴールラインもぜひ守りたい」とコメントした。

201408261

新しいジャージーは写真の通り。15人制とは全く違うデザインとなった。男女も少し違っている。コンセプトは、「セブンズの特徴であるスピード感・躍動感を日本を象徴する花であり、日本ラグビーのエンブレムである桜をモチーフに表現」とのこと。また、頂点を目指すセブンズ代表のため背番号はゴールドになっている。新ジャージーの公式戦でのお披露目は、男子セブンズ日本代表は、9月19日から開催される「第17回アジア競技大会」(7人制ラグビー競技は9月30日〜10月1日)。女子セブンズ日本代表(サクラ・セブンズ)は9月12日、13日に開催される「IRB女子セブンズワールドシリーズ2014-2015コアチーム昇格決定大会」からになる。

会見途中、男子の坂井克行、豊島翔平、女子は中村知春、竹内亜弥の4選手が新ジャージーで登場。「今回からセブンズオリジナルのジャージーになったので、憧れてもらえるようなプレーをしていきたい」(坂井選手)、「2年後のオリンピックに、いい結果を残せるように頑張ります」(豊島選手)、「勝利の味を、このジャージーに染み込ませたい」(中村選手)、「誇らしい気持ち。このジャージーとともに成長していきたい」(竹内選手)と、それぞれコメントした。

竹内選手に15人制ジャージーとデザインが変わったことについて質問すると、「15人制の赤いジャージーには今でも憧れを持っています。着られなくなることに正直、寂しさもあります。でも、今は私たちがサクラセブンズの新しいイメージを作っていくんだという、使命を感じています」と、前向きに話した。「他の国は一色のジャージーが多いので、かなりオリジナリティーあります。身体にもフィットして、捕まれにくいと思います」と気に入っているようだった。

  • Line