ラグビー愛好日記

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

最近のエントリー

カテゴリー

アーカイブ

2013/12

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

このブログについて

プロフィール写真【村上晃一】
1965年京都市生まれ。京都府立鴨沂高校→大阪体育大学。
ラグビーの現役時代のポジションは、CTB(センター)、FB(フルバック)。1986年度西日本学生代表として東西対抗に出場。
87年4月ベースボール・マガジン社入社、ラグビーマガジン編集部に勤務。90年6月より97年2月まで同誌編集長。出版局を経て98年6月退社し、フリーランスの編集者、記者、ラグビージャーナストとして活動。
J SPORTSのラグビー解説も98年より継続中。1999年から2019年の6回のラグビーワールドカップでコメンテーターを務めた。著書に「仲間を信じて」(岩波ジュニア新書)、「空飛ぶウイング」(洋泉社)、「ハルのゆく道」(道友社)、「ラグビーが教えてくれること」(あかね書房)などがある。

日記 2013年12月25日

京都スポーツの殿堂・表彰式

ラグビー愛好日記 by 村上 晃一
  • Line

201312252

25日、午後2時半から京都駅南側の京都アバンティにて、京都のスポーツ殿堂及び、京都市スポーツ賞の表彰式が行われた。京都市では平成22年度より京都にゆかりのトップアスリート等の功績を讃えるために、「京都スポーツの殿堂」事業を創設。殿堂入りした人が子どもたちや市民の皆様を対象とした講演会やスポーツ教室などを行う「伝道事業」を実施している。

平成25年度の殿堂入りとなったのは、藤田信之さんと坂田好弘さんだった。過去には、次のような方々が殿堂入りしている。吉田義男(野球)、衣笠祥雄(野球)、朝原宣治(陸上)、水野爾一(アメリカンフットボール指導者)、釜本邦茂(サッカー)、山口良治(ラグビーフットボール指導者)、奥野史子(シンクロナイズドスイミング)の各氏。

藤田信之さんは、昭和15年生まれの73歳。ワコール(本社京都)女子陸上競技部監督として、全日本実業団対抗女子駅伝4連覇を含む5回の優勝を達成するとともに、京都府代表監督として、全国都道府県対抗女子駅伝4連覇を達成。また、指導する女子中・長距離種日(400mからフルマラソンまでの16種目)で日本記録を樹立させ、真木和選手をバルセロナ、アトランタオリンピック出場に、野口みずき選手をアテネオリンピック金メダリストに導いた。書いていて、あまりに凄すぎる経歴である。

そして、日本ラグビー界の偉人である坂田好弘さんは、昭和17年生まれの71歳。元日本代表の名WTBであり、1969年には単身留学したニュージーランドで強豪地区のカンタベリー代表に選出され、オールブラックスの選手達とともにプレーした。昨年、国際ラグビーボーボードのラグビー殿堂入りを果たしている。現在は、関西ラグビーフットボール協会会長。

この2人が、ともに京都府立洛北高校で学んだというのは偶然にしても興味深い。しかも、藤田さんが3年生のときに坂田さんが1年生だった。そして、藤田さんの息子さんは洛北高校ラグビー部でのちに鹿屋体育大学、近鉄とプレーを続けた藤田智之さんだ。写真は門川大作市長から表彰状を受け取る坂田さん。

201312251

お2人のスピーチに共通していたのは指導者としての謙虚な姿勢だった。藤田さんは、「私は選手が表彰されるようにするのが役目だったので、自分が表彰されるのは正直、驚いています」と語り、坂田さんは、「ラグビーの栄誉は分かちあうもの」と話し、第二部の「京都市スポーツ賞」の受賞で集まっていた高校生など若い世代に、「将来この中から殿堂入りする人が出て来るでしょう。皆で分かち合いましょう」と語りかけた。

表彰式の冒頭で、「京都市歌」を合唱したのだが、初めて歌おうとしたかも。過去に何度か聞いているのだが、まったく歌えなかった。東京に23年も住んでいたせいだと理由をつけながら、口パクした。

  • Line