ラグビー愛好日記

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

最近のエントリー

カテゴリー

アーカイブ

2013/12

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

このブログについて

プロフィール写真【村上晃一】
1965年京都市生まれ。京都府立鴨沂高校→大阪体育大学。
ラグビーの現役時代のポジションは、CTB(センター)、FB(フルバック)。1986年度西日本学生代表として東西対抗に出場。
87年4月ベースボール・マガジン社入社、ラグビーマガジン編集部に勤務。90年6月より97年2月まで同誌編集長。出版局を経て98年6月退社し、フリーランスの編集者、記者、ラグビージャーナストとして活動。
J SPORTSのラグビー解説も98年より継続中。1999年から2019年の6回のラグビーワールドカップでコメンテーターを務めた。著書に「仲間を信じて」(岩波ジュニア新書)、「空飛ぶウイング」(洋泉社)、「ハルのゆく道」(道友社)、「ラグビーが教えてくれること」(あかね書房)などがある。

日記 2013年12月19日

廣瀬俊朗選手に会う&ダンディ総選挙

ラグビー愛好日記 by 村上 晃一
  • Line

201312181

18日は京都も東京も寒かった。幸い僕は雪に降られることもなく、傘をさす時間も短く移動できた。早め早めに動いたのだが、新幹線も遅れなかった。午後は、東芝ブレイブルーパスの廣瀬俊朗選手を取材した。これは、1月発行の日本協会メンバーズクラブ会報誌に掲載されるインタビュー。廣瀬選手が持っているのは、オールブラックス戦のボールである。

廣瀬選手は、セカンドステージのトヨタ自動車戦で軽い肉離れがあり、いまは戦列を離れているが順調に回復しているようだ。僕はその瞬間を現場で見ていた。相手のキックをフェアキャッチするときに痛めたのだが、ちょっと無理な体勢でキャッチしたので気になっていた。そのときのことを聞くと、「インターナショナルではあれを捕らないと」と思ったという。

「(インターナショナルのレベルで)体が勝手に動くというのはあると思います。トップリーグだけでしかプレーしていなかったら、無理せずバウンドさせていたかもしれません」。怪我は残念だが、常にそういう意識でプレーしているのは頼もしい。日本代表選手の多くがそうだという。オールブラックス、スコットランドといった強豪国と戦ったことは、多くの選手にいい影響を与えているようだ。

きょうは幅広くいろんなことを聞いたのだが、以前は、自転車が趣味だったけど、今はお子さん2人と遊ぶのが趣味になっている。あと、iPhoneにも、はまっているみたい。英語のアプリで遊びながら勉強しているそうだ。なるほど、そういう使い方もあるのね。

お知らせ◎廣瀬選手とは関係ないが、先週末より、JSPORTSのWEBで「ダンディプレーヤー総選挙」という企画が始まっている! トップリーグ各チームから1人ずつ、選りすぐりの「ダンディ」なプレーヤーがノミネートし、ファンの投票にてダンディプレーヤーを選ぶのだとか。ご興味のある方はのぞいてみてください。各チームからのノミネート選手の紹介コメントは微笑ましい。パナソニックはベーリック・バーンズ選手。さて、他のチームは、おお〜、写真もダンディーに決めている選手が多いなぁ。
https://www.jsports.co.jp/campaign/dandy/

  • Line