ラグビー愛好日記

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

最近のエントリー

カテゴリー

アーカイブ

2013/12

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

このブログについて

プロフィール写真【村上晃一】
1965年京都市生まれ。京都府立鴨沂高校→大阪体育大学。
ラグビーの現役時代のポジションは、CTB(センター)、FB(フルバック)。1986年度西日本学生代表として東西対抗に出場。
87年4月ベースボール・マガジン社入社、ラグビーマガジン編集部に勤務。90年6月より97年2月まで同誌編集長。出版局を経て98年6月退社し、フリーランスの編集者、記者、ラグビージャーナストとして活動。
J SPORTSのラグビー解説も98年より継続中。1999年から2019年の6回のラグビーワールドカップでコメンテーターを務めた。著書に「仲間を信じて」(岩波ジュニア新書)、「空飛ぶウイング」(洋泉社)、「ハルのゆく道」(道友社)、「ラグビーが教えてくれること」(あかね書房)などがある。

日記 2013年12月11日

グラス☆ホッパー東京上映決定

ラグビー愛好日記 by 村上 晃一
  • Line

大泉町と太田市を舞台にした町おこし映画「グラス☆ホッパー」については、このブログで以前にも書いたが、1月12日に東京で上映会が開かれることになった。僕も見せていただいたのだが、想像していたより、ずっとシンプルで好感を持った。もっと熱血モノかと思っていたから。

この映画は、ラグビーで成長していく少年少女を描いている。プロデューサーを務めたのは、元三洋電機監督の宮地克実さんの長男で、映画作りの費用を出資した「造園土木植清園」群馬営業所長の宮地克徳さん。ご自身も三洋電機で5年プレーした。実はこういう紹介のされ方が、ずっと嫌だったのだそうだ。「宮地監督の長男」。でも、今回のことで吹っ切れたという。「僕は僕だと思えるようになった」。これらのことは、読売新聞のWEBに詳しいインタビューがある。
http://www.yomiuri.co.jp/e-japan/gunma/feature/maebashi1364836760916_02/news/20131209-OYT8T01418.htm

映画の内容はぜひ見ていただくとして、僕は、オーディションで選ばれた地元の子供達に感心させられた。子供達って、とてつもない可能性を持っているなって思う。

ちなみに、宮地さんの植清園が管理しているパナソニックワイルドナイツのグラウンドの環境保全が、第3回太田市景観賞を受賞したそうだ。年間を通じて広大なグラウンドの鮮やかな緑を維持していること、ラグビースクールやラグビー祭などで子供たち、地域の人たちに開放していること、そしてグラス☆ホッパーのロケ地として提供したことなどが認められたそうだ。

東京・渋谷での上映は、大学選手権の決勝戦が行われる1月12日、試合の前後にも行くことができそう。事前申込制。

【グラス☆ホッパー東京上映】
日時:平成26年1月12日(日)
場所:渋谷・光塾
http://hikarijuku.com/syokai/post_4.php#map
上映時間▽
1回目=10:30〜
2回目=12:30〜
3回目=15:30〜
4回目=17:30〜
5回目=19:30〜
※全5回、各回定員35名 事前申し込み・入替制
★入場料(当日会場にてお支払いください)
大人1,200円 学生1,000円(学生証の提示) 中学生500円(学生証提示)小学生500円(ただし大人の同伴が必要)
<お申し込みはこちらのフォームから>
https://docs.google.com/forms/d/1pEDaLiF6bDV29oddE6MeeM0FrIp8MJXmWeKc6bHzGfg/viewform
■お問い合わせ
グラス☆ホッパー東京上映会事務局
[email protected]

  • Line