ラグビー愛好日記

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

最近のエントリー

カテゴリー

アーカイブ

2013/12

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

このブログについて

プロフィール写真【村上晃一】
1965年京都市生まれ。京都府立鴨沂高校→大阪体育大学。
ラグビーの現役時代のポジションは、CTB(センター)、FB(フルバック)。1986年度西日本学生代表として東西対抗に出場。
87年4月ベースボール・マガジン社入社、ラグビーマガジン編集部に勤務。90年6月より97年2月まで同誌編集長。出版局を経て98年6月退社し、フリーランスの編集者、記者、ラグビージャーナストとして活動。
J SPORTSのラグビー解説も98年より継続中。1999年から2019年の6回のラグビーワールドカップでコメンテーターを務めた。著書に「仲間を信じて」(岩波ジュニア新書)、「空飛ぶウイング」(洋泉社)、「ハルのゆく道」(道友社)、「ラグビーが教えてくれること」(あかね書房)などがある。

日記 2013年12月03日

福岡堅樹選手に会う&お知らせ

ラグビー愛好日記 by 村上 晃一
  • Line

3日の火曜日は、筑波大学へ行って福岡堅樹選手に会った。僕は大阪体育大学なのだが、在学当時は、浪商学園の高校の校舎を間借りしているような状況(現在は、大きなキャンパスになっている)で、広いキャンパスには憧れる。それにしても、筑波大学がデカすぎるなぁ。取材場所がなかなか見つからなかった(汗)。

20131203

福岡選手は胸に「福高」と書かれたウィンドブレーカーを着て現れた。もちろん、これは福岡高校のもの。ヨーロッパ遠征は途中で帰国することになったが、学校の授業の関係とのことで、当人はスペインにも行きたかったらしい。それでも、2013年は、ウェールズ、オールブラックス、スコットランドと対戦する充実のシーズンとなった。「2年前は浪人中ですから。まさかここまで来られるとは思ってもみなかったです」。

オールブラックスとの対戦では、これまで経験したことのない内側からのディフェンスの圧力を感じたそうだ。あのトライも悔いが残っている。ボールをもらう前に、一瞬だが、駆け抜けるべきか、ゴールに届かないならボールを生かすべきかを考えてしまったからだ。ボールをキャッチするときには思いきりトライを狙って走り込んだのだが、そのコンマ何秒の躊躇を悔やんでいた。マコウは目に入らなかったし、激しく体ごとぶつかられたタックルも痛くなかったらしい。目を切ったのは、その前のプレーでトム・テイラー選手と頭がぶつかってしまったからとのこと。相手も6針縫ったが、福岡選手も5針縫ったそうだ。

このインタビューは、日本ラグビー協会のメンバーズクラブ会報誌(1月発行予定)、機関誌(12月下旬発行予定)に掲載されるもの。趣味は楽器演奏で、ピアノとドラム。医師になる夢も捨てていない。福岡堅樹、かっこいい。

お知らせ◎フットボール・コーチングセミナー21開催。スポーツNPO SCIX(スポーツ・コミュニティ・アンド・インテリジェンス機構)からのお知らせです。

開催日時:2013年12月23日(月・祝)12:00〜16:00(第1部は荒天中止)
開催場所:御崎公園芝生広場・ノエビアスタジアム神戸研修室(参加無料)

サッカー・ラグビー・アメリカンフットボールの指導者のみなさまのため、本年度1回目のセミナーを開催いたします。当日は、実際の指導の様子をご覧いただく「第1部 小学生高学年向けフットボール3種クリニック」と、トップコーチの体験談や考え方を語っていただく「第2部トップコーチスポーツフォーラム」をご用意いたしました。

●パネリスト
サッカー:ヴィッセル神戸アカデミーダイレクター 菊池彰人氏
ラグビー:コベルコスティーラーズGM兼総監督 平尾誠二氏
アメフト:関西学院大学アメリカンフットボール部監督 鳥内秀晃氏

更に「第3部クリスマス懇親会」を準備しました。指導者の方や指導者を目指す学生の皆さんなど、どなたでも参加できますので、ぜひお申し込みください。(※各イベントには事前申込みが必要です)
主催:神戸ウイングスタジアム株式会社 主管:スポーツNPO SCIX(スポーツ・コミュニティ・アンド・インテリジェンス機構)
後援:神戸市教育委員会、神戸市スポーツ教育協会、兵庫県サッカー協会、兵庫県ラグビー協会、関西学生アメリカンフットボール連盟

詳細、お申込みは、以下より。
http://www.scix.org/info/image/footballseminar21.pdf#search='%E3%83%95%E3%83%83%E3%83%88%E3%83%9C%E3%83%BC%E3%83%AB%E3%83%BB%E3%82%B3%E3%83%BC%E3%83%81%E3%83%B3%E3%82%B0%E3%82%BB%E3%83%9F%E3%83%8A%E3%83%BC21'

  • Line