ラグビー愛好日記

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

最近のエントリー

カテゴリー

アーカイブ

2013/11

S M T W T F S
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

このブログについて

プロフィール写真【村上晃一】
1965年京都市生まれ。京都府立鴨沂高校→大阪体育大学。
ラグビーの現役時代のポジションは、CTB(センター)、FB(フルバック)。1986年度西日本学生代表として東西対抗に出場。
87年4月ベースボール・マガジン社入社、ラグビーマガジン編集部に勤務。90年6月より97年2月まで同誌編集長。出版局を経て98年6月退社し、フリーランスの編集者、記者、ラグビージャーナストとして活動。
J SPORTSのラグビー解説も98年より継続中。1999年から2019年の6回のラグビーワールドカップでコメンテーターを務めた。著書に「仲間を信じて」(岩波ジュニア新書)、「空飛ぶウイング」(洋泉社)、「ハルのゆく道」(道友社)、「ラグビーが教えてくれること」(あかね書房)などがある。

日記 2013年11月08日

7日のエジンバラ

ラグビー愛好日記 by 村上 晃一
  • Line

20131107

201311071

11月7日午前中のエジンバラは快晴だった。ツアー参加者のみなさんと、エジンバラ城へ。スコットランド王国とイングランドの戦いの歴史を勉強しながら貴重な品々を見て回る。

201311072

頂上から街中を眺めていたら、9日に日本代表とスコットランド代表が戦うマレーフィールドも見えた。それにしても寒かった。冷たい風が吹き荒れ、体感気温は0度くらい。

201311073

スコッチウィスキーのミュージアムにも寄り、エジンバラの忠犬ハチ公の像など見ながら、カールトンヒルへ。この忠犬ポピーは、実に14年間もご主人のお墓を離れなかったとか。

201311074_2

こちらは、街の中心部にあるウェーバリー駅。近くには、スコットランドを代表する作家ウォルター・スコットの記念塔がそびえる。

201311075

ラグビーのスコットランド代表に関するものは、あまり見かけないが、やっと発見。新聞記事には、スコットランド代表のキャプテンを務めるケリー・ブラウンと、日本代表のラインアウトのコーチであるボースウィックが、サラセンズのチームメイトで、ボースウィックの手腕を警戒するものがあった。

2013110710

  • Line