ラグビー愛好日記

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

最近のエントリー

カテゴリー

アーカイブ

2013/09

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

このブログについて

プロフィール写真【村上晃一】
1965年京都市生まれ。京都府立鴨沂高校→大阪体育大学。
ラグビーの現役時代のポジションは、CTB(センター)、FB(フルバック)。1986年度西日本学生代表として東西対抗に出場。
87年4月ベースボール・マガジン社入社、ラグビーマガジン編集部に勤務。90年6月より97年2月まで同誌編集長。出版局を経て98年6月退社し、フリーランスの編集者、記者、ラグビージャーナストとして活動。
J SPORTSのラグビー解説も98年より継続中。1999年から2019年の6回のラグビーワールドカップでコメンテーターを務めた。著書に「仲間を信じて」(岩波ジュニア新書)、「空飛ぶウイング」(洋泉社)、「ハルのゆく道」(道友社)、「ラグビーが教えてくれること」(あかね書房)などがある。

日記 2013年09月08日

女子日本代表、W杯予選決勝結果

ラグビー愛好日記 by 村上 晃一
  • Line

カザフスタン・アルマティで9月7日に行われた「女子ラグビーワールドカップ2014アジア地区予選決勝戦で、日本代表は、カザフスタン代表に僅差で敗れた。

■試合結果
女子日本代表(サクラフィフティーン)●23−25○女子カザフスタン代表(前半15−10)

萩本光威ヘッドコーチ
「日本代表ゼネラルマネジャーのアレンジと各大学のご協力のおかげで、菅平での合宿では男子選手を相手に練習を行うことができ、選手たちは短期間で素晴らしいタックルにいける選手に成長しました。今日の試合でも、カザフスタンの大型選手相手に勇気あるタックルが数多く見られました。選手たちは本当に良く戦ったと思います。それでも勝てなかったのは、試合の綾を教えきれなかったヘッドコーチの責任です」

鈴木実沙紀キャプテン
「今日の試合は今の私たちの良いところと悪いところが全部出てしまいました。良いところもたくさん出て、前半をリードして折り返せましたが、積極的に攻めるべきところで消極的になったり、流れが崩れた時にそれを立て直せず、逆に得点を許したり、『ノー・ペナルティー』と言っていたのに反則してしまったりしました。悪いところを少しでも出してしまうと、テストマッチは勝ちきれないということを痛感しました」

  • Line