ラグビー愛好日記

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

最近のエントリー

カテゴリー

アーカイブ

2013/09

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

このブログについて

プロフィール写真【村上晃一】
1965年京都市生まれ。京都府立鴨沂高校→大阪体育大学。
ラグビーの現役時代のポジションは、CTB(センター)、FB(フルバック)。1986年度西日本学生代表として東西対抗に出場。
87年4月ベースボール・マガジン社入社、ラグビーマガジン編集部に勤務。90年6月より97年2月まで同誌編集長。出版局を経て98年6月退社し、フリーランスの編集者、記者、ラグビージャーナストとして活動。
J SPORTSのラグビー解説も98年より継続中。1999年から2019年の6回のラグビーワールドカップでコメンテーターを務めた。著書に「仲間を信じて」(岩波ジュニア新書)、「空飛ぶウイング」(洋泉社)、「ハルのゆく道」(道友社)、「ラグビーが教えてくれること」(あかね書房)などがある。

日記 2013年09月11日

天理の松井謙斗選手に会う

ラグビー愛好日記 by 村上 晃一
  • Line

11日は天理大学の白川グラウンドで、WTB松井謙斗選手のインタビューをした。同志社大学ラグビー部ルーキーのWTB松井千士選手のお兄さんである。

松井謙斗選手は、常翔学園出身。関西の大学でプレーしたくて、当時、メキメキと力をつけていた天理大学を志望した。大学1年生の頃から公式戦に出始め、立川直道、立川理道、芳野寛という歴代キャプテンのもとでプレーし、昨季は関西大学Aリーグのトライ王となった。今季は中村キャプテンを支えるバイスキャプテンとしてチームを引っ張っている。

201309111

このインタビューは、ラグビーマガジン11月号(9月25日発売)に掲載されるもの。松井選手はラグマガ初登場。「僕なんかで、いいんですか?」といたって謙虚だった。撮影のときは表情硬かったけど、この写真の通り、リラックスした笑顔はさわやか。

なぜ関西にいたかったかなど詳しいことはラグマガ誌面で書きたいが、松井選手は、大阪工大高校に入学して常翔学園高校を卒業した世代。入学式のときに、校名変更で次年度から「常翔学園」になると知ったそうだ。「工大に憧れて入ったから、ショックでした」。常翔学園という言い方にすぐに馴染んだ選手も多かったようだが、松井選手に高校時代のことを聞くと、今も「工大」と話す。僕はOBではないけど、完全に「工大」と言ってしまう派。まあ、仲間内ではそれでいいよね。

松井兄弟は、二人ともWTBだから、今季の関西大学Aリーグでは直接対決がありそうだ。「すごく楽しみです。親はどっちを応援したらいいか、困ると言っていましたけどね」(謙斗選手)。関西大学Aリーグを見る楽しみがひとつ増えた。

  • Line