ラグビー愛好日記

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

最近のエントリー

カテゴリー

アーカイブ

2013/09

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

このブログについて

プロフィール写真【村上晃一】
京都府立鴨沂高校→大阪体育大学。
現役時代のポジションは、CTB/FB。1986年度西日本学生代表として東西対抗に出場。
87年4月ベースボール・マガジン社入社、ラグビーマガジン編集部に勤務。90年6月より97年2月まで同誌編集長。出版局を経て98年6月退社し、フリーランスの編集者、記者として活動。
ラグビーマガジン、ナンバー(文藝春秋)などにラグビーについて寄稿。J SPORTSのラグビー解説も98年より継続中。1999年から2015年の5回のラグビーワールドカップで現地よりコメンテーターを務めた。著書に「ラグビー愛好日記トークライブ集」(ベースボール・マガジン社)3巻、「仲間を信じて」(岩波ジュニア新書)、「空飛ぶウイング」(洋泉社)などがある。

日記 2013年09月06日

森重隆さんに会う

ラグビー愛好日記 by 村上 晃一
  • Line

金曜日はトップリーグ第2節が始まるが、僕は取材で博多に行って来た。今回は、元日本代表の名CTBで、福岡高校ラグビー部の監督も務める森重隆さん(明治大学→新日鉄釜石)に話を聞いた。森さんと話すと、笑いをこらえるのに苦労する。真剣な話なのに、なぜか可笑しいのだ。

10月23日、ベースボール・マガジン社から、『ラグビー日本代表 激闘の記憶』という別冊が発売予定。この本は、日本代表全キャップホルダーの写真名鑑が入る貴重な資料になるものなのだが、そこで過去の名勝負がいくつか取り上げられる。森さんにうかがったのは、1979年の日本代表対イングランド代表戦のこと。スコアは、19-21だった。イングランド戦と言えば、1971年の秩父宮ラグビー場での激闘が有名だが、79年の花園ラグビー場ではそれ以上の接戦が繰り広げられ、あと一歩で勝つところだったのだ。

森さんはキャプテンで、本来はCTBだがWTBでプレー。石塚武生さんからパスを受けて、60mの独走トライを決めている。詳しくは本を読んでもらうとして、当時の日本代表のことをいろいろ話してくださったのだが、森さんがプレーした中で、一番いい試合だったと思うのは、1980年の日本代表対フランス代表戦だという。日本代表のフランス・オランダ遠征で、フランスのキャプテンは、金髪の名フランカー、ジャンピエール・リヴ。森さんは不慣れなSOを務めたが、この試合がもっとも充実感があったという。この試合は同志社大学時代の林敏之さんも出場しているのだが、林さんも日本代表での印象的な試合として、この試合をあげる。

森さんは黄金時代のウェールズ代表とも戦っている。「対面がグラベルっていうCTBで、こんなに強いヤツがいるのかと思ってびっくりしたなぁ。それと、ほら、あの、せんだみつおに似たフィル・ベネット。あれは上手かったねぇ」。天才SOベネットと、せんだみつおを並べて語れるのは森さんだけだ。

201309061

インタビューしていて、元気になった。本のほうもお楽しみに。

  • Line