ラグビー愛好日記

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

最近のエントリー

カテゴリー

アーカイブ

2013/09

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

このブログについて

プロフィール写真【村上晃一】
京都府立鴨沂高校→大阪体育大学。
現役時代のポジションは、CTB/FB。1986年度西日本学生代表として東西対抗に出場。
87年4月ベースボール・マガジン社入社、ラグビーマガジン編集部に勤務。90年6月より97年2月まで同誌編集長。出版局を経て98年6月退社し、フリーランスの編集者、記者として活動。
ラグビーマガジン、ナンバー(文藝春秋)などにラグビーについて寄稿。J SPORTSのラグビー解説も98年より継続中。1999年から2015年の5回のラグビーワールドカップで現地よりコメンテーターを務めた。著書に「ラグビー愛好日記トークライブ集」(ベースボール・マガジン社)3巻、「仲間を信じて」(岩波ジュニア新書)、「空飛ぶウイング」(洋泉社)などがある。

日記 2013年09月06日

男女日本代表情報&スコットランド観戦ツアー

ラグビー愛好日記 by 村上 晃一
  • Line

カザフスタン・アルマティで9月4日に行われた「女子ラグビーワールドカップ2014アジア地区予選 1回戦」では、日本代表(サクラフィフティーン)が82-0(前半41-0)で香港代表を下し、決勝に進出。もう1試合は、日本のライバルであるカザフスタンが、シンガポールを、91-7(前半41-0)で破った。この結果、日本は7日17時(日本時間20時)から、カザフスタンと女子ラグビーワールドカップ2014アジア代表の座をかけて戦うことになった。

ヘッドコーチ 萩本光威
「香港相手には良くやったが、日本よりも大きく速いカザフスタンに対しては、まだまだ精度を上げなければ到底勝てない。あと2日間で修正していく」
キャプテン 鈴木実沙紀
「カザフスタンとの試合では、今日のように長いアタック時間はありえない。アタックは一度ボールを持ったら必ずトライを取り切り、ディフェンスでは粘り強く守ってボールを取り返さなければ勝てない。選手一人ひとりが自分の責任を果たし、80分間、低いタックルで相手に刺さり続けたい」

男子の日本代表は、9月15日〜17日に強化合宿を行うが、チケットぴあのホームページで、エディー・ジョーンズヘッドコーチのインタビューなどが紹介されている。

JPN-NZ特設ページ
http://t2.pia.jp/feature/sports/allblacks/

さて、その日本代表がオールブラックス戦のあと、欧州遠征に出発する。その中でももっとも注目されるスコットランド戦の応援ツアーがJTBで企画され、発表になった。題して、「聖地マレーフィールドで観る!ラグビー日本代表 スコットランド戦応援ツアー」。このツアーには、僕と小林深緑郎さんも同行させてもらうことになった。日本が戦う競技場マレーフィールドでは、メインスタンドで観戦出来る上、スタジアムツアーもある。試合以外でもスコットランドを満喫しましょう。
11月6日出発、11月11日戻り。
詳細は以下のJTBのホームページでご確認ください。

http://sports.jtb.co.jp/triwwwp/tours/view/357/bwt2013-127rugby

  • Line