ラグビー愛好日記

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

最近のエントリー

カテゴリー

アーカイブ

2012/05

S M T W T F S
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

このブログについて

プロフィール写真【村上晃一】
1965年京都市生まれ。京都府立鴨沂高校→大阪体育大学。
ラグビーの現役時代のポジションは、CTB(センター)、FB(フルバック)。1986年度西日本学生代表として東西対抗に出場。
87年4月ベースボール・マガジン社入社、ラグビーマガジン編集部に勤務。90年6月より97年2月まで同誌編集長。出版局を経て98年6月退社し、フリーランスの編集者、記者、ラグビージャーナストとして活動。
J SPORTSのラグビー解説も98年より継続中。1999年から2019年の6回のラグビーワールドカップでコメンテーターを務めた。著書に「仲間を信じて」(岩波ジュニア新書)、「空飛ぶウイング」(洋泉社)、「ハルのゆく道」(道友社)、「ラグビーが教えてくれること」(あかね書房)などがある。

日記 2012年05月02日

UAE戦ジャパン&ワールドユース大会

ラグビー愛好日記 by 村上 晃一
  • Line

5月2日、午後、日本代表のUAE戦(5日)のメンバーが発表になった。WTBで先発する藤田慶和は、日本ラグビー史上最年少でのキャップ獲得となる。したがって、トライをすればテストマッチ史上最年少トライの記録も塗り替える。立川理道は、インサイドCTBとしての出場だ。

◎UAE戦先発予定メンバー
1畠山、2有田、3坪井、4大野、5真壁、6望月、7橋本、8佐々木、9藤井、10小野、11藤田、12立川、13仙波、14廣瀬、15五郎丸/16木津、17長江、18伊藤、19桑水流、20内田、21森川、22長友

エディー・ジョーンズヘッドコーチ「UAE代表には敬意を持って試合に臨みますが、今回は我々日本代表の若い選手にも成長の場を与えました。チームとして成長するチャンスだと思います。若い選手たちが持てる力を出し、ポジティブな80分間にしたいと思います」

廣瀬俊朗主将「新しい日本代表になって、最初の日本国内の試合ということもあり、とても楽しみです。新しい日本代表のこれからの兆しが見えるような、『JAPAN WAY』を感じてもらえるような試合を、お見せしたいと思います」

2日は早朝、京都を出発、博多に向かった。サニックス・ワールドラグビーユース大会を取材するためだ。世界でも類のない単独高校チームの世界大会は、今年で13回目。昨年は、東日本大震災の影響で、海外からは4チームだけだったが、今年は従来の通り、海外8チーム、日本8チームのスタイルとなった。大会は、4月28日に開幕。4チームずつ4組に分かれたプールマッチから、各1,2位チームが、1位から8位決定トーナメント、各3,4位が9位から16位トーナメントに進出して、全順位を決める方式だ。

201205021

例年は、ニュージーランドや南アフリカのチームが圧倒的な力を見せつけるのだが、今大会では南アフリカからやってきたモニュメントハイスクールがプールマッチで全敗するなど、海外勢も含めて混戦模様。2日は、トーナメントの1回戦が行われた。最初の写真は、ケルストンボーイズハイスクール(NZ)のハカ。御所実業(奈良)をパワーで圧倒した。御所実業の竹田監督は「FWがよく頑張ってくれたのが収穫です」と話していたが、タックルで受けた感じではあった。次の写真は、トンガカレッジとブリティッシュスクールズ(ウルグアイ)の集合写真。東福岡にも勝っているトンガが快勝して準決勝に進出。トンガのチームは激しいコンタクトプレーが特徴だが、このチームは当たりに行かずにパスをつなぐタイプ。5月4日は、トンガカレッジとケルストンボーイズが対戦するが、これは面白い内容になりそう。

201205022

常翔学園(大阪)は、サイズ的に大きな選手が多いトルロカレッジ(イングランド)との対戦で健闘したが21-27で惜敗。観客席を沸かせたのは、東福岡対東海大仰星の一戦だった。ボールをテンポよく動かしながら攻める仰星と、ドライビングモールとFWの縦突破を軸に攻撃を組み立てる東福岡の戦いはもつれにもつれた。後半16分、22-17とリードした仰星がさらにトライを追加しようと数的優位を作ってBKラインに展開したのだが、東福岡がこれをインターセプト。WTB平尾がトライして24-22と逆転に成功した。しかし、仰星は、粘りの防御で反則を得て29分、45mのロングPGで25-24と再びスコアをひっくり返した。これで勝負あったかに思われたが、この後の東福岡FWの波状攻撃は約5分も続いた。ジワリジワリを前進してゴールラインに迫ったが、仰星が守りきり、PKを得て、最後はタッチに蹴り出し、ノーサイドとなった。

201205024_2

仰星の土井監督は、驚いたような笑顔だった。「細い奴らがよく耐えました。東福岡に勝って、自信を深めながら何をすべきかが明確になった。これは大きいです」。一方、敗れた藤田監督は、「本当は仰星みたいにボールを動かしたいのですが、なかなかできてない。まだ、トライを獲る形が作れていないんです。でも、FWはもっと動けるようになるし、可能性は大きいチームだと思いますよ。この負けで強くなってくれるでしょう」と前向きに語っていた。

このほか、9位から16位トーナメントでは、長崎北が雨の悪コンディションの中で良く攻め、タックルも的確に決めて、14-0で筑紫(福岡)を破った。今年のユース大会は、外国チームに元気がないという評判だが、日本の高校生が大きな外国人選手に対して戦い慣れた面もありそう。大会は、4日、5日も行われる。藤田監督が、「この大会は負けても強いチームと戦える。それがいいですね」と言うとおり、4日には、東福岡対常翔学園もある。ご興味のある方、ぜひグローバルアリーナへ。

  • Line