ラグビー愛好日記

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

最近のエントリー

カテゴリー

アーカイブ

2012/05

S M T W T F S
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

このブログについて

プロフィール写真【村上晃一】
1965年京都市生まれ。京都府立鴨沂高校→大阪体育大学。
ラグビーの現役時代のポジションは、CTB(センター)、FB(フルバック)。1986年度西日本学生代表として東西対抗に出場。
87年4月ベースボール・マガジン社入社、ラグビーマガジン編集部に勤務。90年6月より97年2月まで同誌編集長。出版局を経て98年6月退社し、フリーランスの編集者、記者、ラグビージャーナストとして活動。
J SPORTSのラグビー解説も98年より継続中。1999年から2019年の6回のラグビーワールドカップでコメンテーターを務めた。著書に「仲間を信じて」(岩波ジュニア新書)、「空飛ぶウイング」(洋泉社)、「ハルのゆく道」(道友社)、「ラグビーが教えてくれること」(あかね書房)などがある。

日記 2012年05月05日

ワールドユース最終日

ラグビー愛好日記 by 村上 晃一
  • Line

20120505

5月5日、ワールドラグビーユース大会最終日は快晴だった。ラグビーをするには暑すぎるくらいだったかもしれない。各順位決定戦が行われたが、7位・8位決定戦では、東福岡と御所実業が対戦し、互角の好勝負になったが、28-14で御所実業が勝利した。東福岡は、昨日までより、ボールを展開してテンポを出そうとしていたが、抜け切れないシーンが多かった。御所の竹田監督は今大会を振り返って「ディフェンスが外国のチームに通用したのは収穫です。最後は3年生がしっかりまとまってくれればよかった」と話していた。

5位・6位決定戦では、ウルグアイのブリティッシュスクールズが、常翔学園の突破を許さず、35-17で快勝。3位・4位決定戦は、東海大仰星のグラウンドの横幅いっぱいを使った攻撃を、トンガカレッジが止め続け、ボールをもぎとるターンオーバーを連発。38-12で勝った。

201205051

そして決勝戦は、ニュージーランド(ケルストンボーイズハイスクール)とイングランド(トルロカレッジ)のテストマッチのような戦いになった。試合前は両国国歌吹奏。ケルストンのハカを、トルロがハーフウエェイラインまで前に出て見据えた。試合は、パワフルなトルロが縦攻撃を軸に前に出て、ケルストンがキャプテンのSOマシュー・ヴァエガらの個人技で切り返す白熱の攻防となった。最終スコアは、37-24。勝利を義務付けられたニュージーランドラグビーのプライドを見せるようにケルストンが快勝。初優勝を飾った。

試合後、多くのお客さんが、足早にバス停に向かった。我々JSPORTSの実況、解説陣も、博多のレベルファイブスタジアムへ急ごう!

  • Line