ラグビー愛好日記

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

最近のエントリー

カテゴリー

アーカイブ

2007/01

S M T W T F S
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

このブログについて

プロフィール写真【村上晃一】
1965年京都市生まれ。京都府立鴨沂高校→大阪体育大学。
ラグビーの現役時代のポジションは、CTB(センター)、FB(フルバック)。1986年度西日本学生代表として東西対抗に出場。
87年4月ベースボール・マガジン社入社、ラグビーマガジン編集部に勤務。90年6月より97年2月まで同誌編集長。出版局を経て98年6月退社し、フリーランスの編集者、記者、ラグビージャーナストとして活動。
J SPORTSのラグビー解説も98年より継続中。1999年から2019年の6回のラグビーワールドカップでコメンテーターを務めた。著書に「仲間を信じて」(岩波ジュニア新書)、「空飛ぶウイング」(洋泉社)、「ハルのゆく道」(道友社)、「ラグビーが教えてくれること」(あかね書房)などがある。

日記 2007年01月19日

トップチャレンジ大一番

ラグビー愛好日記 by 村上 晃一
  • Line

脇町のラグビーにつながりのあるみなさんが反応してくれて嬉しいです。脇町パワー恐るべしです。他にも「ラグビー饅頭」のようなものがあったら、教えてくださいね。そういえば、21日の夜、人気テレビ番組「情熱大陸」で早稲田大学ラグビー部の中竹竜二さんの一年を追ったドキュメンタリーが放映されるようだ。

21日(日)、秩父宮ラグビー場で行われる大学オールスターゲームのことは、きのう書いたが、他にも、忘れてはいけない注目の戦いがある。福岡の博多の森陸上競技場にて行われるトップチャレンジ第2節のマツダ対ホンダヒート(12:00キックオフ)、九州電力対近鉄ライナーズ(14:00キックオフ)戦だ。

マツダとホンダヒートは、東京ガスとともに地域リーグ2位の「トップチャレンジ2」に参加しており、3チームの総当たり戦で1位通過すればトップリーグ11位との入替戦に進出できる。つまり、リコーブラックラムズが相手。地域リーグ1位チームの「トップチャレンジ1」では、九州電力、近鉄ライナーズ、三菱重工相模原が戦い、1位、2位がトップリーグに自動的に昇格。3位は、トップリーグ12位の日本IBMビッグブルーとの入替戦になる。トップチャレンジ1では、14日、九州電力が三菱重工を破っているので、21日に近鉄にも勝てば、1位通過が決まる。同時に日本選手権出場も決まるわけだ。もちろん、近鉄も強い。いい試合になりそうだ。トップリーグは、サニックスとコカ・コーラが残留を決めているし、九州ラグビー、活気づいてますね。 

というようなことを書いてアップした直後、入替戦の予定が発表になったので追記します。
◆2月12日(祝・月) 秩父宮ラグビー場
12:00 日本IBMビッグブルー対トップチャレンジ1の3位
14:00 リコーブラックラムズ対 トップチャレンジ2の1位

◎愛好的読書日記
光文社新書「スクラム 駆け引きと勝負の謎を解く」(松瀬学著)を読んだ。僕も、いろんなポジションをやらされたけど、FW第一列で試合に出たことはない。高校時代にチーム内の紅白戦でやったことがあったくらいかな。だから、細かなことは分からない。今も見た目で判断することしかできない。当然、この本を読んでも理解はできない。でも、数多くのフロントローの肉声に、笑って、泣いた。あの7連覇時代、新日鉄釜石はほとんどスクラムトライを狙わなかった。当時のプロップ石山さんが「そんな美学は持ち合わせていない。苦しいから、いかないだけ」と言う。めちゃくちゃ強かったのに、かっこいい。スクラムで1m押してくれたら、僕らBKはめちゃくちゃ楽になる。逆にファーストスクラムで1m下がれば、もう試合に負けるような気分になったものだ。だから僕は、最前線で身を削る男達を尊敬している。

  • Line