ラグビー愛好日記

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

最近のエントリー

カテゴリー

アーカイブ

2007/01

S M T W T F S
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

このブログについて

プロフィール写真【村上晃一】
1965年京都市生まれ。京都府立鴨沂高校→大阪体育大学。
ラグビーの現役時代のポジションは、CTB(センター)、FB(フルバック)。1986年度西日本学生代表として東西対抗に出場。
87年4月ベースボール・マガジン社入社、ラグビーマガジン編集部に勤務。90年6月より97年2月まで同誌編集長。出版局を経て98年6月退社し、フリーランスの編集者、記者、ラグビージャーナストとして活動。
J SPORTSのラグビー解説も98年より継続中。1999年から2019年の6回のラグビーワールドカップでコメンテーターを務めた。著書に「仲間を信じて」(岩波ジュニア新書)、「空飛ぶウイング」(洋泉社)、「ハルのゆく道」(道友社)、「ラグビーが教えてくれること」(あかね書房)などがある。

日記 2007年01月22日

NZのカウントダウン

ラグビー愛好日記 by 村上 晃一
  • Line

ニュージーランド在住の友人がこんな写真を送ってくれた。オークランド市内で見つけた、ワールドカップまでのカウントダウンだそうだ。

1020238_img

友人のメールにこんなことが書いてあった。『時間や数字、計算には超アバウトなのに、ことラグビーに関してはこの国は違うみたいで、分と時間のカウントダウンがされてました(写真は分)。「あと〜しかない」、「まだ〜もある」と時間のとらえかたは人それぞれでしょうけど、神様が与えてくれた今という時間を有効に使えるといいなと思います。怪我と戦う人も、チャンスが舞い込んできた人も。でも2011年を迎えるときって、この国、どんな調子なんでしょうか? 考えただけでもわくわくします』

この言葉は、日本にもそのまま当てはまる。写真は、今年のワールドカップに向けてのカウントダウンだけど、きっとそれが終わった瞬間に、NZ開催となる2011年ワールドカップまでのカウントダウンが始まるのだろう。日本もやってほしいなぁ。ワールドカップまでの緊張感が高まるだろうし、のんびりしていられなくなるから。2015年大会の日本招致についてはアジア各国との共催案など話題に上っているけど、このあたりは駆け引きもあるだろう。今回は、失敗は許されない。先手先手の招致活動とともにワールドカップを開催するにふさわしい環境を整えることもしていかなければ。

マイクロソフトカップがこれから始まるというのに、なんだか気分的に一段落してしまっている。日曜日までに、徐々に気持ちを高めなきゃなぁ。きょう、マイクロソフトカップに出場する選手数名に話を聞く機会があったのだけど、共通するのは「強いチームと戦うことで、強くなっていけるはず」ということ。頂上決戦に向け、各チーム最後の調整が続く。

追記◎Dr.Oさん、「釜石ラガーボール」の情報、ありがとうございます。釜石市の洋菓子店モンドが販売する釜石シーウェイブスを応援する洋菓子なんですね。岩手日報の記事によると「黄身あんをミルク味の生地で包み、アーモンドチョコでコーティングした洋風まんじゅう」とのこと。食べてみたいっすねぇ。

  • Line