ラグビー愛好日記

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

最近のエントリー

カテゴリー

アーカイブ

2006/05

S M T W T F S
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

このブログについて

プロフィール写真【村上晃一】
1965年京都市生まれ。京都府立鴨沂高校→大阪体育大学。
ラグビーの現役時代のポジションは、CTB(センター)、FB(フルバック)。1986年度西日本学生代表として東西対抗に出場。
87年4月ベースボール・マガジン社入社、ラグビーマガジン編集部に勤務。90年6月より97年2月まで同誌編集長。出版局を経て98年6月退社し、フリーランスの編集者、記者、ラグビージャーナストとして活動。
J SPORTSのラグビー解説も98年より継続中。1999年から2019年の6回のラグビーワールドカップでコメンテーターを務めた。著書に「仲間を信じて」(岩波ジュニア新書)、「空飛ぶウイング」(洋泉社)、「ハルのゆく道」(道友社)、「ラグビーが教えてくれること」(あかね書房)などがある。

お薦めマッチ 2006年05月16日

スーパー14・プレイオフ

ラグビー愛好日記 by 村上 晃一
  • Line

スーパー14が、今週末からいよいよプレイオフに入る。僕は、最終節のストーマーズ対ブルズの南ア対決を解説したのだが、これ、凄かった。ブルズは、この試合前の時点で7位。4位のシャークスを上回るためには、4トライ以上のボーナス点を獲得し、32点差以上引き離しての勝利が必要だった。

試合会場は、ストーマーズの本拠地ケープタウンのニューランズである。おまけにスーパーラグビーにおいて、ブルズはストーマーズのホームで勝ったことがなかった。それに敢然と挑戦したブルズの気迫にしびれた。ひたすら前に出てプレッシャーをかけ続けるディフェンスは南アらしいといえばそれまでだけど、よくスタミナが切れないものだと感心した。

ブライアン・ハバナのスピードは、桁外れ。フルバックに入ったヤコ・ファンデルヴェストハイゼンもワールドクラスのプレーを見せてくれる。NECでプレーしていたので、つい「我らがヤコ」と言いたくなるが、発表されたばかりの南ア代表のトレーニングスコッドにも選出されていた。6月からのテストマッチシリーズにも出てくるだろう。この夏は怪我せずにトップリーグに戻ってきてほしいなぁ。

ストーマーズ対ブルズは、5月18日(木)25:00〜 J sports Plusで放送される。視聴可能の方はぜひご覧ください。これは、お薦めマッチです。

この試合の前に、1位クルセイダーズ、2位ハリケーンズ、3位ワラタスが確定していたのだが、2位と3位を決定するワラタスとハリケーンズの最終節の試合も最後まで白熱した。すでに初回放送は終わっているが、5月18日 (木) 10:00〜12:00、J sports Plusでリピートがある。とにかく、攻守にわたって、どの選手も最後まであきらめない。それを観ているだけで胸が熱くなる。こちらもお薦めである。

プレイオフは1位対4位、2位対3位の対戦。ともに上位チームのホームで開催されるので両試合ともNZということになった。やっぱり本命クルセイダーズなのだろうか。ヤマハ発動機ジュビロでプレーしたレオン・マクドナルドも健在なので、こちらもぜひご覧ください。

追記◎コメントで、グルジア戦のアナウンスについてのご意見がありました。僕も、国歌の際にアナウンスが無かったのはグルジアの選手にも、お客さんにも失礼なことだと思いました。運営側のコミュニケーションのミスだったようですが、起きてはならないミスだし、日本代表戦で会場によって演出に差があるのもおかしいですね。これ以降の代表戦に関して統一感のある演出を望みます。

  • Line