ラグビー愛好日記

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

最近のエントリー

カテゴリー

アーカイブ

2006/03

S M T W T F S
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

このブログについて

プロフィール写真【村上晃一】
1965年京都市生まれ。京都府立鴨沂高校→大阪体育大学。
ラグビーの現役時代のポジションは、CTB(センター)、FB(フルバック)。1986年度西日本学生代表として東西対抗に出場。
87年4月ベースボール・マガジン社入社、ラグビーマガジン編集部に勤務。90年6月より97年2月まで同誌編集長。出版局を経て98年6月退社し、フリーランスの編集者、記者、ラグビージャーナストとして活動。
J SPORTSのラグビー解説も98年より継続中。1999年から2019年の6回のラグビーワールドカップでコメンテーターを務めた。著書に「仲間を信じて」(岩波ジュニア新書)、「空飛ぶウイング」(洋泉社)、「ハルのゆく道」(道友社)、「ラグビーが教えてくれること」(あかね書房)などがある。

お薦めマッチ 2006年03月04日

お薦めマッチ_0304

ラグビー愛好日記 by 村上 晃一
  • Line

金曜日の午後は、JSPORTSのスタジオでNZのチーフスとオーストラリアのレッズの試合を解説した。両チームとも苦しい戦いを続けているので、どうかな? と思ってみたのだが、なかなか面白い試合だった。チーフスは、ブルーズから移籍したFBムリアイナが大活躍、SOスティーヴン・ドナルドがBKラインを巧みにリードして創造的なアタックを仕掛ける。もう一つ驚かされたのがあった。後半、レッズのWTBでカレブ・ブラウンという18歳の選手が出てくるのだが、これが思い切りがよくて、いい選手なのだ。186㎝、98㎏とサイズもある。大物になるかもしれない。スーパー14を見ていると、次々に若い有望な選手が出てくることに驚かされる。この試合は、3月11日午後8時からJSPORTS3で放送される予定です。

日本とNZジュニアが試合する時にアイルランドがNZに行っているのでは? とのコメントがありましたが、アイルランドとオールブラックスの試合は、10日(ハミルトン)、17日(オークランド)の予定なので、日本がNZジュニアと戦う24日とは、少しずれてます。

しかし、改めて思うけど、5月以降の日本代表の相手はいずれも強豪揃い。グルジア、トンガ、イタリア、サモア、NZジュニア、フィジーである。NZジュニアはオールブラックス予備軍なので、スーパー14で活躍するメンバーがずらりと揃うはず。イタリアもシックスネイションズを見ると、大型FWのイングランドに負けないサイズだし、パワフルだ。ジャパンも4月〜5月にチーム力を上げていかないと圧倒されてしまうかもしれない。その日本代表は、3月6日、8日、9日と、メディカルチェックを行う。いい数値を出す選手が多いといいのだが。

さて、秩父宮ラグビー場では4日、5日とサントリーカップ第2回全国小学生タグラグビー選手権大会が開催されている。明日は、決勝トーナメント。連覇を狙う汐入ホワイトベアーズも勝ち残っている。観戦は無料なので、可能な方はぜひ秩父宮へ。朝9時30分からやってます。

鹿児島の鴨池陸上競技場では、九州代表対関西代表戦が行われる。 ともに関東代表を破っての決戦である。九州代表はFL川嵜拓生、NO8山本英児ら九州電力勢が先発6名ともっとも多く、コカコーラWJがCTBニールソンら5名、サニックスブルースが3名と続く。関西代表は、ワールドファイティングブルのCTB中矢や花園大学のCTBポンギに、大阪府警のN08奥薗、豊田自動織機のSH後藤、WTB横井ら、こちらも魅力的なメンバーだ。見にいける方はぜひ鴨池陸上競技場へ。キックオフは、午後2時30分です。

◎愛好的読書日記
いま【究極の勝利】(清宮克幸著 講談社)を読んでいる。清宮ワセダの5年間が振り返られているのだが、けっして選手達が従順に清宮体制に従ってのではなく、反発もあったことなどが描かれていて興味深い。僕はある本屋さんで、あまりにたくさん置いてあったので心配になって思わず買ったのだけど、売れ行きは絶好調のようです。ひとつのチームが進化していく過程を記録に残すというのはとっても大切だし、こうして書物に残すことによって歴史は語り継がれていく。大西鐵之祐さんのことが今もよく語られるのは、彼が自分の考えを克明に文章に残したからだと思う。究極の勝利も、いい本です。

  • Line