ラグビー愛好日記

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

最近のエントリー

カテゴリー

アーカイブ

2005/11

S M T W T F S
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

このブログについて

プロフィール写真【村上晃一】
1965年京都市生まれ。京都府立鴨沂高校→大阪体育大学。
ラグビーの現役時代のポジションは、CTB(センター)、FB(フルバック)。1986年度西日本学生代表として東西対抗に出場。
87年4月ベースボール・マガジン社入社、ラグビーマガジン編集部に勤務。90年6月より97年2月まで同誌編集長。出版局を経て98年6月退社し、フリーランスの編集者、記者、ラグビージャーナストとして活動。
J SPORTSのラグビー解説も98年より継続中。1999年から2019年の6回のラグビーワールドカップでコメンテーターを務めた。著書に「仲間を信じて」(岩波ジュニア新書)、「空飛ぶウイング」(洋泉社)、「ハルのゆく道」(道友社)、「ラグビーが教えてくれること」(あかね書房)などがある。

日記 2005年11月23日

四十肩?

ラグビー愛好日記 by 村上 晃一
  • Line

火曜日の昼間は、ずっと家で仕事していた。急ぎの仕事が少なかったので、休憩してはコーヒーを飲み、のんびり机に向かった。先日、親戚の家にある大きな柿の木から、山ほど柿を収穫したので、連日食べている。柿とみかんとリンゴが目の前にあったら、僕は柿を食べたいほうだ。ちょっと、やわらかいのが好み。どうでもいいこと書いてるなぁ。

きのうのプレスリリースで、全国クラブラグビーフットボール大会の組み合わせが送られてきた。1月8日、9日は熊谷で1回戦、準決勝を行い、29日に秩父宮で決勝が行われる。29日は、マイクロソフトカップ準決勝の前に行われることになるのかな。

優勝候補のタマリバには、早稲田で昨季まで活躍した鉄人LO桑江くんがいる。先日、上井草のグラウンドでばったりあったが、仕事を持ちながらラグビーに熱中するタマリバの面白さを語ってくれていた。「ラグマガで30ページくらい特集してくれませんかねぇ」と無茶なコメントも。クラブチームはどこもそうだけど、僕なんかは、仕事とラグビーの両立は諦めたほうなので、みんな凄いなぁって思う。優勝チームは日本選手権にも出場できるので、注目しておきたい。

23日は、早慶戦である。指定席はほぼ完売状態のようだ。慶應は、春から松永監督が「打倒・早稲田」を公言してきた。その目標の絞り方は、きっとチームを強くすると思ったが、だんだんいいチームになってきていると思う。明日は力を出し切ってくれるだろう。FL青貫が復帰、FB山田も楽しみだ。

早稲田のほうもベストメンバー。豊田、今村、五郎丸、みんな揃った。早稲田が勝てば、関東大学対抗戦5連覇が決まる。早稲田有利だけど、がんばれ、タイガー軍団。僕は、JSPORTSの解説がないので、ジャーナリスト専門学校の学生達数名と一緒に見ることにした。初観戦の子もいるので、面白い試合を期待している。一人でも、ラグビー好きになってくれればなぁ。

今週末は、関東のリーグ戦はじめ、海外のテストマッチも注目の戦いがあるのだが、それは明日以降にまた書きますね。

追記◎みなさん、いつもコメントありがとうございます。紅葉の写真は、自分自身かなり気に入っていて、何度も眺めてうっとりしています。ひなPさんのおっしゃる通り、京都観光して、宝ケ池や西京極で試合観戦って、いいですよね。花園ラグビー場というのは、聖地だし、大切にしたいのですが、京都からも大阪の中心部からも遠いというのが難点です。それから、エンドーさん、「村上様」はやめてください(笑)。


追記2◎ここ5日ほど、日課だった腕立て伏せ100回ができていない。実はちょっと肩が痛いのである。これって、四十肩?? まさか〜、違う違う。ぜ〜ったい、違う。

  • Line