ラグビー愛好日記

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

最近のエントリー

カテゴリー

アーカイブ

2005/11

S M T W T F S
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

このブログについて

プロフィール写真【村上晃一】
1965年京都市生まれ。京都府立鴨沂高校→大阪体育大学。
ラグビーの現役時代のポジションは、CTB(センター)、FB(フルバック)。1986年度西日本学生代表として東西対抗に出場。
87年4月ベースボール・マガジン社入社、ラグビーマガジン編集部に勤務。90年6月より97年2月まで同誌編集長。出版局を経て98年6月退社し、フリーランスの編集者、記者、ラグビージャーナストとして活動。
J SPORTSのラグビー解説も98年より継続中。1999年から2019年の6回のラグビーワールドカップでコメンテーターを務めた。著書に「仲間を信じて」(岩波ジュニア新書)、「空飛ぶウイング」(洋泉社)、「ハルのゆく道」(道友社)、「ラグビーが教えてくれること」(あかね書房)などがある。

日記 2005年11月22日

紅葉狩

ラグビー愛好日記 by 村上 晃一
  • Line

momiji1

日曜の夜はぐっすり眠った。月曜日の朝、京都新聞のスポーツ欄には、同志社が関西リーグの決勝に残った記事が大きく出ていた。さすがラグビーには関心の高い京都である。前日の新聞も見たが、高校ラグビーで伏見工業が京都成章を破って花園行きを決めた記事がカラーで大きく掲載されていた。フィギュアスケートのグランプリも、グラチャンバレーも、京都サンガも、記事は小さく、伏見工にはかなわない。いいねぇ、京都新聞。

momiji2

momiji8

東京へ戻る「のぞみ」の出発まで少し時間があったので、京都に遊びに来ていた親戚のおばちゃんと、紅葉狩に出かけた。銀閣寺あたりから哲学の道を歩く。小学校や中学の友達の家の前を通り過ぎながら、懐かしい気持ちになる。立ち止まっては紅葉の写真を撮った。法然院に立ち寄り、最後は永観堂、南禅寺。まだ少し早いかな。もう1週間もすればもっと綺麗だろう。ウィークデーなのに観光客が多いのには驚いた。南禅寺から動物園に出て、家に戻る。約1時間半の散策。このあたりが僕が生まれ育った場所である。

momiji3

momiji4

momiji5

みなさんは、どの写真が好きですか? 紅葉にもいろんな段階があるし、日当たりによって色は違う。いろんなタイプを撮ってみました。空に向かって撮っているのが多いのは、観光客のみなさんを入れないように撮ったからっす。クリックするとちょっと大きくなります。山門は、南禅寺のものです。これから、10日間くらい、京都はいいですよ。桜の葉の紅葉も綺麗です。って、観光大使かっ。

momiji6

momiji7

東京に戻り、サンケイスポーツで土・日のラグビーの結果を再確認した。大東大はまたも惜しかったか。関東学院、法政の壁はそう簡単には破れないんだなぁ。関東のリーグ戦は、本当に順位が最後まで分からない。そろそろ大学選手権の組み合わせと照らし合わせながら順位を確認する時期になった。楽しみだ。

コメントで質問あった見明さん、大体大のSH金くんも、京産大のWTB徐くんもがんばってましたよ。徐くんは、5トライ中、4本のコンバージョンと1PG決めました。

それから、さんぼさん、このブログは人気ランキングなどには入っていません。ほのぼの系ですから、あんまり数字は気にしたくなくて。でも、「ココセレブ」入ってますから(笑)。僕のブログを読んでいる知人などは、僕を人に紹介するとき、「村上さん、セレブなんですよ」と冷やかすのだが、毎回、「いえ、ココセレブです」と言い直している。そう、僕はセレブではなく、ココセレブなのだ。

◎【パートタイマー・秋子】観ました。
下北沢、本多劇場にて。作=永井愛、演出=黒岩亮、主演=高畑淳子。
先週、ものすごくバタバタしていたのに芝居を2本観た。すごく面白かったのは、パートタイマー・秋子である。あるスーパーマーケットの舞台裏。僕は母親がそういう関係の仕事をしていたので、少しだけ舞台裏を知っている。この話、めちゃくちゃリアルだ。みんな少しずつウソをつき、少しずつ悪いことをしている。それは日常、誰しもが罪悪感など感じなくてすむ程度のことなのだが、ほんと社会の縮図みたいで、それを笑いに包む芝居に感心した。高畑さんはじめ役者さんがみんな素晴らしいのだが、貫井さん役の山本龍二さん、最高でした。

  • Line