ラグビー愛好日記

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

最近のエントリー

カテゴリー

アーカイブ

2005/11

S M T W T F S
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

このブログについて

プロフィール写真【村上晃一】
1965年京都市生まれ。京都府立鴨沂高校→大阪体育大学。
ラグビーの現役時代のポジションは、CTB(センター)、FB(フルバック)。1986年度西日本学生代表として東西対抗に出場。
87年4月ベースボール・マガジン社入社、ラグビーマガジン編集部に勤務。90年6月より97年2月まで同誌編集長。出版局を経て98年6月退社し、フリーランスの編集者、記者、ラグビージャーナストとして活動。
J SPORTSのラグビー解説も98年より継続中。1999年から2019年の6回のラグビーワールドカップでコメンテーターを務めた。著書に「仲間を信じて」(岩波ジュニア新書)、「空飛ぶウイング」(洋泉社)、「ハルのゆく道」(道友社)、「ラグビーが教えてくれること」(あかね書房)などがある。

日記 2005年11月05日

ラグビー場に行こう。

ラグビー愛好日記 by 村上 晃一
  • Line

5日は晴れるみたいだ。エリサルド・ジャパンが、幸先のいいスタートを切れる条件は整った。あとは、いい試合をするだけだ。

前日練習は、午前10時から秩父宮ラグビー場で軽く行われた。キャプテンを務める池田選手を報道陣が囲んだ。

「2007年のワールドカップ、来年のワールドカップ予選を見据えたゲームをして、結果を出したい。キャプテンというより、SHを重視してもらっているので、しっかりチームをまとめたい」

エリサルドHCは、スクラムやラインアウトに関しても、SHがリードしていくように指示しているようだ。もちろん、ラインアウトなどはキーになる選手がサインは出すのだが、全体のコントロールはSHがやっていく。池田選手は正直に「大変です」と言っていた。相当なプレッシャーだと思うが、これを乗り越えられる選手でないと、エリサルドHCのもとでは試合に出られなくなってしまう。がんばれ。

選手達に話を聞いていると、戸惑っている選手と楽しんでいる選手が混在している気がした。個々の判断を重視されると、そういった動きが得意の選手は楽しくて仕方ないだろう。それがいい面に出てくれば、スペインには快勝できるはずだ。大西、榎本の両CTBはタックルに燃えていた。相手の攻撃を寸断するビッグヒット連発に期待。

12時からはスペインの練習が行われた。ガッチリした体型の選手は多いけど、上背はなく、日本のほうがあきらかに大きい。そして、スペイン代表の選手達は全員アマチュアである。半分以上は学生で、建築士や会社員など。アマチュアだから弱いとは言えないが、どう考えても日本選手のほうが専門的に練習しており、絶対勝たなきゃね。

スペイン代表のグリンHCは、土曜日の練習後にこんなことを。

「この気候はマドリッドと同じです。ホテルはいいし、ピッチも問題なく、天気もいい、言い訳する要素がなくて困っています」

ただし、プレースキックの練習を見ていると、SOロケはかなり上手い。ドロップゴールなども積極的に狙ってくるだろう。CTBのナバは、190㎝、118㎏の巨漢。日本はFW戦で優位に立たなければ、意外に苦しめられるかもしれない。

くどいようですが、観戦可能なみなさんは、ぜひ秩父宮ラグビー場へ。午後2時キックオフです。当日は、日本代表を後押しする力強い応援団として、トップリーグ参加チームのマスコットも参戦する予定。

NECグリーンロケッツ ロケッツ君
クボタスピアーズ スッピー君
サントリーサンゴリアス サンゴリアス君
セコムラガッツ ラガッツ君
東芝府中ブレイブルーパス ルーパス君
トヨタ自動車ヴェルブリッツ ライガー君
福岡サニックスブルース カイト君

また、会場内(正面駐車場)では、スペイン・フードコートが実施される。隣ではフラメンコも披露されるとか。

  • Line