ラグビー愛好日記

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

最近のエントリー

カテゴリー

アーカイブ

2005/04

S M T W T F S
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

このブログについて

プロフィール写真【村上晃一】
1965年京都市生まれ。京都府立鴨沂高校→大阪体育大学。
ラグビーの現役時代のポジションは、CTB(センター)、FB(フルバック)。1986年度西日本学生代表として東西対抗に出場。
87年4月ベースボール・マガジン社入社、ラグビーマガジン編集部に勤務。90年6月より97年2月まで同誌編集長。出版局を経て98年6月退社し、フリーランスの編集者、記者、ラグビージャーナストとして活動。
J SPORTSのラグビー解説も98年より継続中。1999年から2019年の6回のラグビーワールドカップでコメンテーターを務めた。著書に「仲間を信じて」(岩波ジュニア新書)、「空飛ぶウイング」(洋泉社)、「ハルのゆく道」(道友社)、「ラグビーが教えてくれること」(あかね書房)などがある。

ちょっと気になる 2005年04月13日

ちょっと気になる11

ラグビー愛好日記 by 村上 晃一
  • Line

◎ジョニーは、いなかった。ライオンズ・メンバー発表

ブリティッシュ&アイリッシュ・ライオンズ、NZ遠征メンバー44選手が発表された。イングランド代表の2003年W杯優勝メンバーのニール・バックやロウレンス・ダラーリオなどのベテランも含まれているが、怪我がちのジョニー・ウィルキンソンは選出されなかった。内訳は、イングランド22名、アイルランド11名、ウエールズ10名、スコットランド3名。髪の毛ツンツンのウエールズCTBヘンソンももちろん入った。

ライオンズというのは、要するにこの4協会の代表なのだが、近年は4年に一度しか結成されず、NZ、オーストラリア、南アを順に回るので、NZに行くのは12年ぶりになる。ある意味、4年に一度のW杯より価値はあるわけだ。JSPORTS、必見。

気になるのは、アイルランドの11名。ライオンズでもキャプテンを務めることになった、オドリスコルはじめ、SOオガーラ、FBジョーダン、CTBダーシー、WTBヒッキー、HOバーンなどスター選手はほとんど選ばれた。つまり、6月、日本に来るアイルランド代表は主力抜きってこと。だからこそ、日本はチャンス。勝とうよ。

ライオンズは、5月23日、ウエールズのカーディフでアルゼンチンと壮行試合を行ったあと、NZへ出発。6月4日から、7月9日まで、11試合を行う。うち、オールブラックスとは3試合。

  • Line