ラグビー愛好日記

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

最近のエントリー

カテゴリー

アーカイブ

2005/03

S M T W T F S
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

このブログについて

プロフィール写真【村上晃一】
京都府立鴨沂高校→大阪体育大学。
現役時代のポジションは、CTB/FB。1986年度西日本学生代表として東西対抗に出場。
87年4月ベースボール・マガジン社入社、ラグビーマガジン編集部に勤務。90年6月より97年2月まで同誌編集長。出版局を経て98年6月退社し、フリーランスの編集者、記者として活動。
ラグビーマガジン、ナンバー(文藝春秋)などにラグビーについて寄稿。J SPORTSのラグビー解説も98年より継続中。1999年から2015年の5回のラグビーワールドカップで現地よりコメンテーターを務めた。著書に「ラグビー愛好日記トークライブ集」(ベースボール・マガジン社)3巻、「仲間を信じて」(岩波ジュニア新書)、「空飛ぶウイング」(洋泉社)などがある。

人物紹介 2005年03月15日

矢野さんの正体

ラグビー愛好日記 by 村上 晃一
  • Line

ふと3月1日から始まった日記を振り返ると、僕、めちゃめちゃ書きまくってるね。一本一本が長すぎる。これじゃあ、読む方が大変だ。反省。しかもほぼ毎日。でも、これからもほぼ日記で行こう。糸井さんのパクリみたいですが、頑張りますよ〜。
「矢野さんって何者」っていう質問に簡単にお答えしたい。JSPORTSの実況でお馴染みの矢野武さんは元々は役者さんだ。「渡る世間は鬼ばかり」パート1では、長子(藤田朋子)の大学のボーフレンド役。「春日局」NHK大河では、春日局(大原麗子)の孫&老中 堀田正盛役などなど、いろんなのに出ていた。声がいいのでナレーションの事務所に声をかけられ、今に至っている。高校時代にラグビーしていたので、クラブチームも作ってやっていた。大原麗子さんが見に来てくれたこともあるそうだ。

現在はボイスオンで実況アナウンサー&ナレーター募集中!
http://www.voiceon.co.jp

すごく涙もろくてね。一度、一緒に酒呑んでたら、あしたのジョーを歌って泣いてたよ。あしたのジョー歌って泣く人に悪い人はいない(断定)。とっても熱いラグビーマンです。

その矢野さんもセンター(CTB)だった。実は僕も高校2年から大学1年まではCTBだった。僕が尊敬する朽木英次さんには、何度もインタビューした。よく憶えているのは、「スペースを感じる」という主旨のこと。SOからのパスを待ちながら、自分の外側、つまりWTB、FBが走るスペースを感じている。カメレオンじゃないからね。全部は見えないんだよ。SOからのパスと同時にディフェンダーがせまってくる。抜群の初速で先に少し外に動いてディフェンダーをずらし、パスを受けた瞬間に抜き去るのは朽木さんの得意技だった。そして、パスの時は、走り込んでくる選手のことは見ない。ここに放れば必ず抜けるコースに放る。機能しているチームなら、そこに誰かが必ず走り込んでくるわけだ。

それから、パスする方向が分かりやすいCTBはあんまりいい選手じゃない。神戸製鋼の元木、吉田のCTBコンビの何が素晴らしいかというと、彼らは常にディフェンダーに正対している。右に放るか、左に放るか分からないから、ディフェンス側もどうしても引きつけられてしまって、彼らのパスで次の選手がよく抜けるわけだ。今は組織ディフェンスが発達して、個人技が出しにくいと言われているけど、だからこそ組織ディフェンスを混乱させるCTBの動きが非常に大事になってくる。
う〜ん、もうちょっとCTB書きたいなあ。次回、書きます。

ちなみに、今、スーパー12のチーフスとブルーズの試合を見ているのだが、トヨタでプレーしていたキャシュモアがチーフスのFBで出ている。かなり身体キレてる。頼もしいなあ。

  • Line