ラグビー愛好日記

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

最近のエントリー

カテゴリー

アーカイブ

2005/03

S M T W T F S
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

このブログについて

プロフィール写真【村上晃一】
1965年京都市生まれ。京都府立鴨沂高校→大阪体育大学。
ラグビーの現役時代のポジションは、CTB(センター)、FB(フルバック)。1986年度西日本学生代表として東西対抗に出場。
87年4月ベースボール・マガジン社入社、ラグビーマガジン編集部に勤務。90年6月より97年2月まで同誌編集長。出版局を経て98年6月退社し、フリーランスの編集者、記者、ラグビージャーナストとして活動。
J SPORTSのラグビー解説も98年より継続中。1999年から2019年の6回のラグビーワールドカップでコメンテーターを務めた。著書に「仲間を信じて」(岩波ジュニア新書)、「空飛ぶウイング」(洋泉社)、「ハルのゆく道」(道友社)、「ラグビーが教えてくれること」(あかね書房)などがある。

お薦めマッチ 2005年03月03日

お薦めマッチ_0303

ラグビー愛好日記 by 村上 晃一
  • Line

◎ストーマーズ対シャークス(スーパー12第1節)

南ア勢同士の戦いは、とにかく激しい。

シャークスのSOブッチ・ジェームスが、ストーマーズのFBグリエフがジャンプしたところに危険なタックルをした。すかさず解説の藤島大さんが「南アの選手は、こういう時あんまり怒りませんよね。ラグビーっていうのはそういうものだと思っているのでしょう」という主旨のことを言った。同意します。

その後、藤島さんがアパルトヘイトのことを少し話す。大さんは、南アの歴史に詳しい。勉強になるよ。肉弾戦が大好きな人には、南ア同士の戦いがお薦め。ストーマーズのCTBデヴェット・バリーは、やっぱりタフだ。

  • Line