人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

ラグビー コラム 2022年5月19日

決勝「国立」へのきっぷを懸けた戦いは聖地「花園」での「府中ダービー」。ジャパンラグビー リーグワン プレーオフトーナメント準決勝

ラグビーレポート by 斉藤 健仁
  • Line

東京サントリーサンゴリアスvs.東芝ブレイブルーパス東京

いよいよリーグワン元年のクライマックスを迎える。今週末はディビジョン1のプレーオフ準決勝が行われる。21日(土)は大阪・東大阪市花園ラグビー場で、東京サントリーサンゴリアス(リーグ戦1位)と、東芝ブレイブルーパス東京(同4位)が激突する。

ジャパンラグビー リーグワン2022 プレーオフトーナメント 準決勝 

両チームはともに東京・府中市に練習場を構えるため、トップリーグ時代から「府中ダービー」として熾烈な戦いを繰り広げてきた。なお、両チームの選手によると花園ラグビー場での「府中ダービー」は記憶にないという。

今季は1月8日(土)の開幕戦で両者は対戦し、激しい点の奪い合いの末、東京サンゴリアスが60-46で勝利。しかし、5月1日(日)の第15節では東芝ブレイブルーパス東京が、27-3と東京サンゴリアスをノートライに抑え、リベンジを果たした。

ジャパンラグビー リーグワン2022

過去55回の対戦で、東京サンゴリアスが28勝、東芝ブレイブルーパス東京が26勝とほぼ互角の戦いで、今回も熱戦必至の「府中ダービー」だが、それでは東京サンゴリアスのメンバーから見ていきたい。

昨季、最後のトップリーグで準優勝と、6度目のタイトルを逃した東京サンゴリアスは、リーグワンになってもどこからでもトライを取る「アグレッシブアタッキングラグビー」は不変。チームを率いて3シーズン目となる、ジョージア代表前指揮官で、ニュージーランド出身のミルトン・ヘイグHC(ヘッドコーチ)が指揮を執り、14勝2敗、勝ち点66と堂々の首位でプレーオフに駒を進めた。

東京サントリーサンゴリアス

最終節はコロナ禍の影響で試合が中止となったが、第15節の東芝ブレイブルーパス東京戦からFW(フォワード)3名、BK(バックス)1名の先発を変更した。FW第1列はPR(プロップ)に石原慎太郎と、日本代表候補の垣永真之介。HO(フッカー)は、2019年ワールドカップ日本代表の北出卓也が務め、LO(ロック)には国際経験豊富な元日本代表ツイ ヘンドリックと、206cmのハリー・ホッキングスがコンビを組む。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
ラグビーを応援しよう!

ラグビーの放送・配信ページへ