人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

ラグビー コラム 2022年5月6日

急転直下「プレーオフ進出決定」の東芝ブレイブルーパス東京。迎え撃つ「今季ラストゲーム」の静岡ブルーレヴズ

ラグビーレポート by 多羅 正崇
  • Line

静岡ブルーレヴズ vs. 東芝ブレイブルーパス東京

4強によるプレーオフ・トーナメントを5月下旬に控えるジャパンラグビーリーグワンの最高峰「ディビジョン1」(D1)。

その全16試合のレギュラーシーズンはついに最終節(第16節)だ。

5月8日(日)は、静岡・ヤマハスタジアムで、入替戦を回避した8位の静岡ブルーレヴズが、トヨタヴェルブリッツの不戦敗によりプレーオフ(PO)進出が決まった4位の東芝ブレイブルーパス東京を迎える。

またもコロナ禍による冷や水が振りかかった。

第15節を終えて10勝5敗(実戦9勝5敗)のブレイブルーパスは、このブルーレヴズ戦に勝てば上位4チームによるプレーオフ進出が決定する状況。

しかし勝ち点3差で追走していた5位トヨタヴェルブリッツと、1位東京サントリーサンゴリアスの試合が、ヴェルブリッツ側のコロナ事由により開催中止に。

この結果ヴェルブリッツは不戦敗となり、無念のシーズン終了。4位にいたブレイブルーパスのPO進出が決定した。

ブレイブルーパスは「勝てばPO進出」という発奮材料を失ったが、好調を維持して5月21日(土)のPO準決勝を迎えたいところだろう。

先週の第15節では東京サントリーサンゴリアスに27-3で完勝し、怒濤の5連勝を果たした。

リーグ戦においてサンゴリアスがノートライで負けたのは、2012年以来10年振りだった。試合後、共同キャプテンのSH小川高廣はフォワードの充実に言及し、「強い東芝が戻ってきた」と誇った。

東芝ブレイブルーパス東京スターティングメンバー

そんなブレイブルーパスは、サンゴリアスに完勝したメンバーから先発3人を変更した。

共同キャプテンのFL徳永祥尭が先発に上がり、天理大学で優勝を経験した松永拓朗が10番を背負う。そしてベテラン32歳のWTB松延泰樹がスタメンとなった。

先週先発した日本代表のリーチマイケルはリザーブへ入り、東海大学の後輩にあたる眞野泰地らと共に途中出場に控える。

ホストのブルーレヴズにしてみれば、負けられないシーズン最終戦だ。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
ラグビーを応援しよう!

ラグビーの放送・配信ページへ