人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

ラグビー コラム 2022年4月11日

【ハイライト動画あり】埼玉ワイルドナイツが逆転劇。シャイニングアークス東京ベイ浦安は7点差に迫る熱闘

ラグビーレポート by 多羅 正崇
  • Line

埼玉ワイルドナイツ vs. シャイニングアークス東京ベイ浦安

ジャパンラグビーリーグワンの最高峰ディビジョン1(D1)第12節で、下馬評を覆すような展開があった。

3勝8敗(実戦3勝5敗)で11位のシャイニングアークス東京ベイ浦安が、9勝2敗(実戦9戦全勝)で3位の埼玉ワイルドナイツを追い込んだのだ。

直近のリーグ戦で26戦無敗(25勝1分)の昨季チャンピオンに、11位のチームが肉薄した理由はいくつかありそうだ。

一つはシャイニングアークスにトップ・オブ・トップと伍するだけの潜在力があったこと。

2010年度のトップリーグ初参戦から継続強化し、近年はSHグレイグ・レイドロー(元スコットランド代表)やFBイズラエル・フォラウ(元オーストラリア代表)らの海外スターに加え、優秀な大卒新人選手も入団。選手層が着実に厚くなっていた。

その実力をパフォーマンスとして表現するためには実戦経験が必要だったが、今季はコロナ禍の影響で3つの不戦敗、活動中断を味わった。ロブ・ペニー監督はワイルドナイツ戦後にこう語っていた。

「これまではチームとしての連係が望んでいたレベルにありませんでした。連係を高めるためにはゲームタイムを共に重ねることがかなり重要ですが、コロナ禍による影響でゲームタイムを伸ばすことができず、それがチームに勢いをつける妨げになっていたことは事実です」

また今季はコーチングスタッフが大きく変わり、マットコーベイン(DFコーチ)、元日本代表のブライスロビンス(スキルコーチ)が加わった。ペニー監督自身は2期目だが、2018年度までの1期目を知らない若手もいる。タレントはおり潜在力はあるが、スタイル等の浸透に時間が掛かっていたというわけだ。

しかしシーズンが深まるにつれ、連係面の精度が上がってきたという。

「細かい戦術が合ってきて、チームも良くなっています。この試合(パナソニック戦)でかなり自信が付いたと思います」(シャイニングアークス、NO8リアム・ギル

ワイルドナイツ戦のシャイニングアークスは、敵地戦ながら前半を10-0とリードして折り返した。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
ラグビーを応援しよう!

ラグビーの放送・配信ページへ