人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

ラグビー コラム 2022年4月3日

【ハイライト動画あり】ボールキープで猛攻!花園近鉄ライナーズがリーグホスト最終戦で劇的勝利

ラグビーレポート by 多羅 正崇
  • Line

 

リーグ戦の今季ホストゲーム最終戦は、劇的な幕切れになった。

第9節を迎えたジャパンラグビーリーグワンのディビジョン2(D2)。4月1日(金)は東大阪市花園ラグビー場で、6勝2敗の花園近鉄ライナーズが、3勝5敗の日野レッドドルフィンズを迎えた。

2位のライナーズは上位ディビジョンとの入替戦進出を決めているが、4位のレッドドルフィンズは土俵際。昇格への挑戦権を得るためには勝利は必須だった。

そんなレッドドルフィンズはこの日、気迫のディフェンスを見せた。

ノックオンを誘うWTBチャンス・ペニの好タックルなど、接点で激しくファイトし、第4節では45点差(22-67/第4節)で負けたライナーズの攻撃力を押さえ込んだ。

しかしライナーズはPK(ペナルティキック)からの速攻が冴えていた。

前半10分にはクイックスタートから帝京大出身のWTB木村朋也がフィニッシュ。豊富なおとりのランナーを使いながら、SO野口大輔のロングパスで仕留めた。

しかし7点を追いかけるレッドドルフィンズは前半20分過ぎ、優勢のスクラムにこだわったライナーズから逆にPK(ペナルティキック)を奪うと反転攻勢。

敵陣でCTBトンガモセセが突破。この1つのキャリーを足掛かりとして、SHプル、PR山崎基生と3つのパスを重ねてインゴールへ。CTB東郷太朗丸のトライ(ゴール)で7-7の同点に追いついた。

新加入で元神戸製鋼のPR山崎はこのトライアシストの直後から、2連続のジャッカルを披露。攻撃権の奪取に貢献すると、チームは後半33分にはWTBペニがトライ。14-7とリードして試合を折り返した。

ライナーズの絶対的な司令塔だった重光泰昌アタックコーチ。チーム公式Twitterで試合後に語っていた。

「本当はアタックでは前半からボールを動かし、ライナーズのテンポで攻撃したかったのですが、スローテンポで相手のペースに付き合ってしまいました」

しかし後半は修正した。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
ラグビーを応援しよう!

ラグビーの放送・配信ページへ