人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

ラグビー コラム 2022年2月14日

【ハイライト動画あり】釜石シーウェイブス、リーグワン初勝利 河野良太2トライ。攻守にチームをけん引

村上晃一ラグビーコラム by 村上 晃一
  • Line

河野良太(釜石シーウェイブス)

ディビジョン2第4節、2月13日、秩父宮ラグビー場で行われた一戦は、釜石シーウェイブスの今季初のホストゲームだった。外苑前駅から競技場へのスタジアム通りでは、終日、釜石のプロモーション映像が流されるなど、コロナ禍で制限があるなかでできるかぎりのアピールが行われていた。厳しい冷え込みと雨というコンディションで観客は1000人弱ながら、温かい応援が選手たちを後押しした。

午後2時30分、スカイアクティブズ広島SO龍野のキックオフで試合は始まった。立ち上がりからスクラムで反則を奪うなど、釜石が主導権を握る。広島はボールをリサイクルしながら「フェイズを重ねたい」(中居智昭ヘッドコーチ)のだが、雨のコンディションはスクラム、ラインアウトに自信を持つ釜石に有利に働いた。釜石SOブレット・キャメロンの正確なキックは、地域を進め、広島陣で戦う時間を多くした。

前半14分、キャメロンの好キックで広島のゴール前5mでのラインアウトを得た釜石はモールを押し込む。ここはゴール前で止められたが、素早くボールを持ちだしたFL美ザキ(山に竒)正次がトライをあげる。17分、龍野にPGを返されたが、25分、スクラムで反則を誘うと、PKからのタッチキックで再び広島ゴール近くでラインアウトを得る。ここではモールを組むと見せてFL河野良太が突進してトライ。10-3とリードを広げた。

釜石の両FLの動きは際立っていた。美ザキ(山に竒)のタックルから河野がジャッカルを決めるなど、攻守にチームをけん引。前半33分、広島にハイタックルの反則があり、このPKからのタッチでラインアウトを得ると、モールから河野がトライし、15-3とした。この試合の前まで、両チームのラインアウト成功率は、広島の79%に対して、釜石が92%と上回っており、その優位性がそのまま出た3トライでもあった。

後半に入ると、広島もボールをキープして攻め、CTB李修平らが何度もディフェンスを破ったが、釜石のこの日のテーマは「ディフェンスでの我慢」(須田康夫ヘッドコーチ)。粘り強くタックルしてトライを与えなかった。後半15分には、PRモーガン・ミッチェルが右タッチライン際のラックから出たパスを受けて、ハンドオフでタックラーをかわすと、2人、3人と抜き去ってトライ。キャメロンのゴールも決まって22-3。31分、リーグワン初出場のWTB関東申峻が右コーナーにトライを追加して突き放した。最終スコアは、30-3。セットプレーの強みを生かした釜石の快勝だった。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
ラグビーを応援しよう!

ラグビーの放送・配信ページへ