人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

ラグビー コラム 2022年1月11日

【ハイライト動画あり】日本ラグビー新時代の幕開けを飾る激戦!リーグ開幕試合「神戸S×SA浦安」。NTTリーグワン2022

ラグビーレポート by 多羅 正崇
  • Line

コベルコ神戸スティーラーズ vs. シャイニングアークス東京ベイ浦安

記念すべきリーグ初戦は、1本のコンバージョンキックが勝敗を分けた。

2022年1月8日(土)、兵庫・神戸総合運動公園ユニバー記念競技場は、ホストチームであるコベルコ神戸スティーラーズ(神戸S)のチームカラー「赤」に染まっていた。

スタジアム外ではチームグッズ販売をする赤いテントに長蛇の列。神戸グルメを楽しめる「神戸マルシェコーナー」やラグビー体験コーナーは盛況だった。

この日神戸Sは来場者全員に「開幕戦記念Tシャツ」をプレゼント。多くのファンが防寒具の上から赤い記念Tシャツを着ていたため、会場内の観客席は赤く染まった。

試合開始10分前にはサプライズもあり、大型ビジョンに地元・神戸市出身の有名アスリートが登場。

東京オリンピック2020で史上初の兄妹同日金メダルに輝いた柔道の阿部一二三、妹・阿部詩が映り、「NTTリーグワン2022開幕おめでとうございます」と挨拶してファンを驚かせた。

阿部兄妹は「コベルコ神戸スティーラーズが栄光を掴み取れるよう応援しています」「頑張れ!コベルコ神戸スティーラーズ!」と地元のラグビーチームに声援を届けた。

リチャード・バックマン

ホストゲームの熱気を後押しにして、神戸Sは前半3分、記念碑となるリーグ最初のトライを決める。

この日献身的に動き続けたLO(ロック)JD・シカリングの突破から敵陣に入ると、SO(スタンドオフ)アーロン・クルーデンが、CTB(センター)リチャード・バックマンの突破を演出。ゴール下に押さえ、CTBバックマンがリーグ最初の得点者となった。

SA浦安も前半12分にキックカウンターからチーム初トライ。

今季新加入の大物3人、SOオテレ・ブラックからFL(フランカー)ジェームス・ムーア、最後は内側をフォローしていたFBイズラエル・フォラウに繋がり、左中間に片手トライ。戦力補強が奏功するトライが生まれ、7-7としてスコアを振り出しに。

この日の神戸Sのスクラム、ラインアウトは、SA浦安のプレッシャーもあって劣勢気味。SA浦安がスクラム、ラインアウトの成功率が100%だったのに対し、神戸Sはラインアウトが13本中11本成功、スクラムは3本中2回の成功でターンオーバーも許した。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
ラグビーを応援しよう!

ラグビーの放送・配信ページへ