人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

ラグビー コラム 2021年11月24日

ラグビー日本代表総括会見。欧州遠征で見えた収穫と課題

ラグビーレポート by 斉藤 健仁
  • Line

藤井雄一郎NTD

11月24日(水)、日曜日に日本に帰国した15人制男子日本代表チームのNTD(ナショナルチームディレクター)である藤井雄一郎氏が、オンラインで欧州遠征総括会見を行った。

まず、国内で対戦したオーストラリア代表戦を含めて この秋のテストマッチシリーズは下記のように1勝3敗という結果となった

◆日本代表テストマッチ

・10月23日 ●日本 23-32 オーストラリア @大分
・11月06日 ●日本  5-60 アイルランド @ダブリン
・11月14日 ○日本 38-25 ポルトガル @コインブラ
・11月20日 ●日本 20-29 スコットランド @エディンバラ

まず、藤井NTDは欧州遠征を振り返って「アイルランド代表戦は日本代表が一番良くない時で、アイルランド代表が非常に調子が良くて点数が開いた。その次のポルトガル代表戦ではいろいろことを改善しながら、なおかつスコットランド戦に向けて、全てを見せるのではなく(戦術やサインプレーを)制限した中で戦った」。

「その後、スコットランド代表戦はもちろん勝利を目指しましたが、最後、向こうに寄り切られたという形でした。ハイパントキックに関しては、特にマイボールで相手にプレッシャーかけられなかったところが課題になったので、その部分は今後修正が必要と思っています」。

J SPORTS 放送情報

「(コロナ禍でこの2年間)試合ができなかったということがいろいろ影響があったが、それは言い訳にはならない。そういう意味で最後に負けましたが、そこそこ評価できる戦い方できたと思います。今後は、隔離による選手の疲労というか、疲弊をどうするか。隔離の中で、どのように結果を残していくかも頭に入れつつ、チームを作っていかないといけない」と振り返った。

欧州遠征で、初戦のアイルランド代表に大敗してしまったことに関しては、藤井NTDは「オーストラリア代表戦で『いけるんじゃないか』みたいな、ちょっと良くない自信をつけたと思う。それはラグビーの中で本当に絶対に頭の中に入れたらダメ。なんとなくそういう雰囲気があった」と分析した。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
ラグビーを応援しよう!

ラグビーの放送・配信ページへ