人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

ラグビー コラム 2021年11月24日

【ハイライト動画あり】早稲田、慶應を破り対抗戦優勝に望み 第98回早慶戦は前後半で真逆の展開に

村上晃一ラグビーコラム by 村上 晃一
  • Line

【ハイライト】早稲田大学 vs. 慶應義塾大学|ラグビー 関東大学対抗戦2021

このまま早大の快勝かと思われたが、「後半の入りに受けていた」と早大の大田尾竜彦監督が話した通り、後半7分には慶大がスクラムで押し込んで反則を誘い、ラインアウトからのモールで反撃のトライ。14分にもモールからHO原田がトライし、スコアは、35-19と、2トライ2ゴール差に詰まった。早大は後半頭からキャプテンの長田がベンチに下がり、後半なかばにSO伊藤が負傷退場。ゲームをコントロールする選手が不在となって、意思統一がとれずにちぐはぐな動きとなる。後半31分、SH宮尾のトライで40-19として勝利をほぼ手中にしたが、その後も慶大に2トライを奪われた。

慶大の最後の2トライは見事だった。36分、この日大活躍のHO原田がモールを押し込んでトライ。終了間際には、早大のディフェンスが前に出てきたところで、SO中楠一期(3年)がキックパス。右タッチライン際にいたCTB鬼木崇(3年)がスピードをつけてキャッチするとそのまま約40mを駆け抜けてインゴールに駆け込んだ。中楠のゴールも決まって、40-33。7点差以内の負けに与えられるボーナス点を獲得して、大学選手権出場権を確かなものにした。原田キャプテンは、「後半は点を取るしかない、と攻めました。アタックの時間を増やそう、自陣からでも攻めよう、と」と、先頭に立ってチームを引っ張った。

J SPORTS 放送情報

勝った早大だが、監督、選手に満足感はなかった。「前半上手くいっていたことが、後半も上手くいくとは限らない。慶應がプランを変えてきたことに対応できていなかった。しかし、結果として長田がいないときの経験が積めたし、バラバラのなかで誰が意思統一を図るのか、よい経験ができました」。大田尾監督は難しい状況を経験できたことをポジティブにとらえた。プレーヤーオブザマッチに選ばれた佐藤健次は、「スクラムを押され、ラインアウトのモールでトライされたあとの切り替えに課題があった」と話した。

早大は12月5日、明大戦に臨む。この試合で出た課題を克服して勝つことができるか。慶大は12月4日、6戦全勝の帝京大と対戦する。慶大が勝てば、早明戦が優勝決定戦になる可能性があり、見逃せない試合だ。早慶戦の通算対戦成績は、早大の71勝20敗7分けとなった。

文:村上 晃一

村上晃一

村上 晃一

ラグビージャーナリスト。京都府立鴨沂高校→大阪体育大学。現役時代のポジションは、CTB/FB。86年度、西日本学生代表として東西対抗に出場。87年4月ベースボール・マガジン社入社、ラグビーマガジン編集部に勤務。90年6月より97年2月まで同誌編集長。出版局を経て98年6月退社し、フリーランスの編集者、記者として活動。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
ラグビーを応援しよう!

ラグビーの放送・配信ページへ