人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

ラグビー コラム 2021年7月30日

ブリティッシュ&アイリッシュ・ライオンズ、 24年ぶりの勝ち越しなるか。 先発3名チェンジで南アフリカとの第2テストマッチへ

村上晃一ラグビーコラム by 村上 晃一
  • Line

南アフリカ vs. B&Iライオンズスターティングメンバー

12年ぶりに南アフリカ遠征中のブリティッシュ&アイリッシュ・ライオンズは、先週の第1テストマッチでは、22-17で南アフリカ代表スプリングボクスに勝利。1997年以来24年ぶりの勝ち越しをかけて、7月31日(土)、南アフリカとの第2テストマッチに臨む。当初は、第2、第3テストマッチは、ヨハネスブルグで行われる予定だったが、新型コロナウイルスの変異株(デルタ株)による感染の第3波が広がっているため、残り2試合もケープタウン・スタジアムで行われることになった。

J SPORTS オンデマンド番組情報

B&Iライオンズスターティングメンバー

両チームともメンバーは大きく変わらない。ライオンズのウォーレン・ガットランドヘッドコーチ(HC)は、先週から先発で3名を変えてきた。攻守の要になるSHはベテランのコナー・マレー(アイルランド)、13番のCTBはクリス・ハリス(スコットランド)、1番のPRは、マコ・ヴニポラ(イングランド)が入る。先週の9番アリ・プライス(スコットランド)、13番エリオット・デイリー(イングランド)、1番ロリー・サザーランド(スコットランド)は、それぞれリザーブ(控え)に回る。

先週、値千金のターンオーバーを連発したマロ・イトジェ(イングランド)は、今回もキャプテンのアラン ウィン・ジョーンズ(ウェールズ)とLOコンビを組む。ボール争奪戦で南アフリカを苦しめるだろう。FW第三列はコートニー・ローズ(イングランド)、トム・カリー(イングランド)、ジャック・コナン(アイルランド)という不動のメンバーだ。カリーは第1テストではレイトタックルなど失点につながる反則が多かったが、引き続き、南アフリカにプレッシャーをかけ続ける。そして、ガットランドHCが安定感を称賛するのがNO8コナンだ。先週もフル出場し、チーム1位の12回のボールキャリーで着実に前進し、6回のタックルを100%の確率で決めた。NO8として3試合連続の先発となる。

南アフリカ代表スターティングメンバー

対する南アフリカ代表も先発で3名の変更がある。1番は、オクス・ンチェが怪我で欠場しこの試合で50キャップ目となるスティーヴン・キッツォフ、3番はトレバー・ニャカネからフランス・マルハーバとFW第一列の両PRを変えてきた。スクラムの優劣が大きく試合の流れを左右するだけにこのメンバー交代は注目だ。もう一人の交代は、NO8で先週はライオンズのキック戦略で狙われたクワッガ・スミスが控えに回り、ヤスパー・ヴィサが入る。25歳のヴィサは7月2日のジョージア戦で代表デビューを飾ったばかりの新鋭。イングランドのレスタータイガースでは力強いボールキャリーで活躍している。ライオンズの防御背後へのキックを切り返し、チャンスにつなげられるか。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
ラグビーを応援しよう!

ラグビーの放送・配信ページへ