人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

ラグビー コラム 2021年7月4日

【ハイライト動画あり】王者南アフリカの「ボムスコッド」炸裂!ジョージアは肉弾戦でプライド示す:ラグビーテストマッチ

ラグビーレポート by 多羅 正崇
  • Line

終盤までジョージアの力強い抵抗に遭った南アフリカ。

しかしニーナバーHCら指導陣にとっては、この試練こそが望んでいたものだった。

「ジョージアが私たちにプレッシャーをかけたため、前半の私たちの規律は悪かった。ただ、ペナルティをするのはプレッシャーにさらされる時であり、それこそが私たちがどうしてもテストマッチをしたかった理由です」

「テストマッチはタフです。私たちは厳しい練習でお互いを高めていますが、練習で防御やキャリーが完全になることは決してありません。戦術を知っている者同士の練習で自分たちの現在地を知ることは難しい。今日のような試合こそ私たちが必要としていたものです」

また、南アフリカのFLシヤ・コリシ主将は、ブリティッシュ&アイリッシュ・ライオンズ戦に向けて戦術を隠しているのかと訊ねられたが、自分たちが至らなかっただけだとした。

「何も隠していません。ジョージアが実力を示した厳しい戦いでした。私たちは思い通りのスクラムとモールができませんでした」

課題を手にした南アフリカは7月9日(金)、ジョージアとの2連戦の第2戦に臨む。舞台はヨハネスブルク(南アフリカ)のエミレーツ・エアライン・パークだ。

迫力十分のジョージアは第2テストでどんな戦いを見せるのか。

この第2テストから2週間の準備を経て、南アフリカはいよいよブリティッシュ&アイリッシュ・ライオンズとの3連戦へ向かう。欧州ドリームチームの撃破へ、W杯王者の準備は進む。

文:多羅 正崇

多羅正崇

多羅 正崇

スポーツライター。法政二高-法政大学でラグビー部に所属し、大学1年時にはU19日本代表候補に選出される。法政大学大学院日本文学専攻卒。現在は「ラグビーリパブリック」「Number web」等に記事を寄稿。≫Twitterアカウント ≫noteアカウント

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
ラグビーを応援しよう!

ラグビーの放送・配信ページへ