人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

ラグビー コラム 2021年6月11日

ラグビー日本代表が手にした新たな力。新生JAPANに名を連ねた3人のFW

ラグビーレポート by 斉藤 健仁
  • Line

大分合宿での日本代表FW陣

6月12日(土)静岡・エコパスタジアムで、ラグビー日本代表(JAPAN XV)vs.サンウルブズが行われる。今年のトップリーグでパナソニック ワイルドナイツの5度目の優勝に大きく貢献し、3年居住の条件をクリアし、新生日本代表に名を連ねた3人の外国出身のFW(フォワード)が出場する。

まず、パナソニックだけでなく、サンウルブズでもプレーしたニュージーランド出身のPR(プロップ)クレイグ・ミラー(32歳)だ。オタゴ大学を卒業後、11ヶ月、会計士として働いた経歴もあるミラーは、ハイランダーズ時代、ジェイミー・ジョセフHC(ヘッドコーチ)、トニー・ブラウン コーチの薫陶を受けた。

昨年のコロナ禍においても自ら計算し、ニュージーランドへの帰国は2ヶ月以内に抑えて、今春、3年居住の条件をクリアして日本代表入りを果たした。

ラグビーワールドカップ以来、JAPAN集結

再び、2人の世界的コーチの下、日本代表としてプレーしていることに本人は「何年か前は、日本代表で一緒に仕事し、同じ環境にいることができるとは考えていなかった。人生もラグビーも同じで、様々な出会い、様々なことが起きることにワクワクしています。リスペクトしているコーチ陣と一緒にできることはうれしい」と感慨深そうに話した。

ハイランダーズの後、2018年からサンウルブズに加入したことで、日本との縁が生まれて、2018年からはパナソニックでもプレーを続けている。日本代表になりたいという気持ちが芽生えたのは、「サンウルブズの環境でプレーして、素晴らしい選手たちと話をした経験から気持ちが高ぶって、日本代表の選手と一緒にプレーしたいと思った」ことがきっかけだったという。

オンラインで会見に出席したミラー

日本代表合宿に初めて参加して、ミラーは「みんなが最初の2~3日でも同じ画を見て、団結していると感じました」。また、スクラムを担当する長谷川慎コーチの指導を受けて、ベテランPRは「慎さんは素晴らしいコーチで、ディテールにこだわります。僕にとってはスクラムドクターです。ラインアウトも言われたことを信じて遂行していくことは、団結するためには重要だと思っています」と語気を強めた。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
ラグビーを応援しよう!

ラグビーの放送・配信ページへ