人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

ラグビー コラム 2021年3月15日

2試合が雷雨で中止。開幕4連勝はクボタ、トヨタ自動車、パナソニック、神戸製鋼。トップリーグ第4節の結果

ラグビーレポート by 斉藤 健仁
  • Line

13日(土)、ホワイトカンファレンスは千葉・柏の葉陸上競技場でNECグリーンロケッツと、日野レッドドルフィンズが対戦した。雷の影響でキックオフは延期されたが、安全面が考慮され、結局、そのまま中止となった。

14日(日)には3試合が行われた。開幕3連勝のNTTドコモレッドハリケーンズは、ホームの大阪・ヤンマーフィールド長居に、同じく3連勝で首位に立つパナソニック ワイルドナイツを迎えた。

前半はなかなか得点ボードが動かなかったが、NTTドコモがFL杉下暢、パナソニックはCTBハドレー・パークスがトライを挙げて、パナソニックが10-7とリードして前半を折り返した。

後半10分、NTTドコモがPG(ペナルティゴール)を決めて、10-10の同点に追いつくが、12分、すぐにパナソニックは反撃し、WTB竹山晃暉が右隅に飛び込んで、再び15-10と勝ち越した。

その後は互いにPGを決め合う展開となったが、37分、パナソニックWTB福岡堅樹が、自ら裏に蹴ったボールを押さえてトライ。結局、パナソニックが26-13で勝って4連勝、首位をキープした。MOMはパナソニックのWTB竹山が選ばれた。

モールからトライを挙げる神戸製鋼

東京・駒沢オリンピック公園陸上競技場では、ホームのリコーブラックラムズが、3連勝中の神戸製鋼コベルコスティーラーズを迎えた。前半は総合力に勝る神戸製鋼がモールを起点にHO平原大敬、LO(ロック)ブロディ・レタリックらが前半22分までに3トライを挙げて17-7とリードした。

しかし神戸製鋼は37分、HO平原大敬が危険なプレーでシンビン(10分間の退場)となってしまう。後半4分、数的有利となったリコーが相手ゴール前でモールを形成し、新人HO武井日向(明治大学出身)がトライを挙げて14-17と3点差に追い上げる。

その後はリコーが、ゴール前ディフェンスで粘りを見せ、トライを許さない。すると15分、リコーがゴール前のターンオーバーから攻め込み、最後はLOロトアヘアポヒヴァ大和がトライを挙げて19-17と逆転に成功。しかし、神戸製鋼が29分、途中出場のSO李承信がPGを決めて20-19と再逆転。そのままノーサイドを迎えた。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
ラグビーを応援しよう!

ラグビーの放送・配信ページへ