人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

ラグビー コラム 2021年3月15日

2試合が雷雨で中止。開幕4連勝はクボタ、トヨタ自動車、パナソニック、神戸製鋼。トップリーグ第4節の結果

ラグビーレポート by 斉藤 健仁
  • Line

後半もクボタペースは変わらず、新人のFB(フルバック)金秀隆(朝鮮大学出身)、WTB(ウィング)山崎洋之(明治大学出身)ら4トライを重ねた。

Hondaは試合終了間際に途中出場のSO(スタンドオフ)呉洸太がトライを返すのがやっとだった。6トライを挙げたクボタが38-7で快勝し、開幕4連勝を達成。MOMはSH井上が選出された。クボタはボーナスポイントも含めて勝ち点5を加え、総勝ち点を19とし、得失点差でカンファレンストップに立った。

もう1試合は神奈川・相模原ギオンスタジアムで、ホームの三菱重工相模原ダイナボアーズが、NTTコミュニケーションズシャイニングアークスを迎えた。前半は三菱重工相模原が、WTB山本逸平の2トライで12-7とリードして折り返した

後半、一進一退の攻防が続くが、NTTコミュニケーションズがSHグレイグ・レイドローを中心に攻め込み、17分、19分にWTB石井魁が連続トライを挙げて26-19と逆転に成功する。

それでもホームの三菱重工相模原は途中出場のPR(プロップ)シャムベックラー・ブイがトライ、SOコリン・スレイドがゴールを決めて26-26の同点に追いつき、そのままノーサイド。引き分けのため、ともに勝ち点2を得た。なお、MOMは突破力が光った三菱重工相模原のCTBマイケル・リトルが選出された。

レッドカンファンスは、第3節まで首位だったサントリーの試合が中止されたため、4連勝で勝ち点を19に伸ばしたクボタが首位、2位に得失点差で同じく勝ち点19のトヨタ自動車がつけている。試合がなかったサントリーは3位となった。

◆レッドカンファレンス 第4節結果

 東芝(6)中止 サントリー(15)
●宗像サニックス(1)29-61 トヨタ自動車(19)○ MOM:マイケル・フーパー
○クボタ(19)38-7 Honda(0)● MOM:井上大介
△三菱重工相模原(6)26-26 NTTコミュニケーションズ(7)△ MOM:マイケル・リトル

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
ラグビーを応援しよう!

ラグビーの放送・配信ページへ