人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

ラグビー コラム 2021年3月1日

ホームのHondaが奮闘するもサントリーが開幕連勝。トップリーグ第2節

ラグビーレポート by 斉藤 健仁
  • Line

Hondaのホーム、鈴鹿で開催

2月20日(土)に開幕したジャパンラグビートップリーグ。2月28日(日)、三重・鈴鹿市の三重交通G・スポーツの杜鈴鹿サッカー・ラグビー場では、レッドカンファレンスの一戦、Honda HEATサントリーサンゴリアスの試合が行われた。

Hondaは黒星を喫した開幕戦のNTTコミュニケーションズシャイニングアークス戦から、FW(フォワード)とBK(バックス)の先発をそれぞれ1名ずつ変更。

2019年ワールドカップ日本代表PR(プロップ)の具智元、南アフリカ代表でワールドカップ優勝に貢献したLO(ロック)フランコ・モスタート、キャプテンのFL(フランカー)小林亮太、オールブラックス経験のあるFB(フルバック)マット・ダフィーらが先発した。

一方、連勝を狙うサントリーは、三菱重工相模原ダイナボアーズ戦から、FWは4名、BK3名と大幅に入れ替えて臨んだ。FWではワールドカップメンバーのHO(フッカー)北出卓也、日本代表経験のあるFLツイ ヘンドリックと、西川征克らが先発した。

BKではルーキーのSH(スクラムハーフ)齋藤直人(早稲田大学出身)が初先発し、現役オールブラックスのSO(スタンドオフ)ボーデン・バレットとコンビを組んだ。CTB(センター)はキャプテンの日本代表の中村亮土と元ワラビーズのサム・ケレヴィがコンビを組んだ。

今年唯一のホームゲームとなったHondaは、キャプテンのFL小林亮太が「グラウンドに入った瞬間に、チームカラーの赤がいっぱい見えたので力になった」という言葉通り、試合開始早々ボールをキープして積極的にアタックを仕掛ける。

J SPORTS 放送情報

前半5分、相手の反則を誘ってHondaのSO朴成基がPG(ペナルティゴール)を決めて、3-0と先制する。その後は、お互いゴール前まで攻め込むもディフェンスが上回ってスコアボードは動かなかった。

しかし19分、HondaのFBダフィーがラックで相手を剥がすときに、危険なプレーをしてしまい、イエローカード。シンビン(10分間の途中退場)となってしまう。この数的有利な状況をサンゴリアスは見逃さなかった。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
ラグビーを応援しよう!

ラグビーの放送・配信ページへ