人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

ラグビー コラム 2021年2月28日

神戸製鋼、サントリー、パナソニック、トヨタ自動車、クボタ、NTTドコモが開幕連勝。トップリーグ第2節

ラグビーレポート by 斉藤 健仁
  • Line

開幕から2節が終わり、レッドカンファレンスではサントリー、クボタ、トヨタ自動車の3チームが連勝を飾り、勝ち点10でサントリーとクボタが並んだが、得失点の差でサントリーが首位に立った。

◆レッドカンファレンス 第2節結果

●東芝(1)7-39 クボタ(10)○ MOM:バーナード・フォーリー
●宗像サニックス(1)23-30 三菱重工相模原(4)○ MOM:コリン・スレイド
●NTTコミュニケーションズ(5)29-47 トヨタ自動車(9)○ MOM:高橋汰地
●Honda(0)14-31 サントリー(10)○ MOM:SH齋藤直人
※( )内は勝点

ホワイトカンファレンスは、27日(土)に大阪のヤンマーフィールド長居で、NTTドコモレッドハリケーンズと、NECグリーンロケッツの1試合のみが行われた。前半、ホームのNTTドコモがモールや、SHのTJ・ペレナラのグラバーキックから、WTB山本貫太がトライを挙げるなど、17-5とリードして前半を折り返した。

後半早々、NTTドコモがトライを挙げたが、NECもすぐに反撃。ディフェンスからターンオーバーし、キャプテンFL亀井亮依がトライ、さらにモールから途中出場のHO佐藤耀がトライを挙げて、15分を過ぎたところで17-24と追い上げた。

だが、NTTドコモは27分、ラインアウトのボールが乱れたところをSHペレナラが奪って、そのままトライ。31分にもオフロードパスから、ペレナラが抜け出し、再びトライ。NTTドコモが38-19で勝利し、MOMにもペレナラが選ばれた。開幕から連勝したNTTドコモは勝ち点を8に伸ばした。NECは第2節も勝ち点を得られず、0のままとなった。

28日(日)には3試合が行われた。花園ラグビー場ではヤマハ発動機ジュビロと、リコーブラックラムズが対戦した。前半からリコーが攻守で前に出て、前半8分、新人のFBメイン平(御所実業高校出身)がトライ。さらにSHマット・ルーカスが、3PGを決めて前半22分までに16点をマークし、16-3で前半を折り返す。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
ラグビーを応援しよう!

ラグビーの放送・配信ページへ